2018/06/03

1998年ハリウッド版『GODZILLA』脚本家が当時を大反省 ― 「あれはゴジラじゃない」

https://theriver.jp/1998-godzilla-mistake/

『原子怪獣現わる』の現代版リメイクとしては良かったよ。
インタビューの「エメリッヒはゴジラにまったく思い入れがない」という部分になるほどと納得しつつ、その上で『原子怪獣?』寄りの部分がエメリッヒの「思い入れ」によるものだったりすると面白いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/01

デッドプール2

 歴史!改変!SF!
……実にデップーらしい大変素晴らしいクソ映画(称賛)でした。あとライアン・レイノルズの映画俳優としてのキャリアに対する偉大な挑戦。
 上映中しばしばクスクス笑いが聞こえてくるこの映画ですが、一番笑い声が大きかったのはEDの「グリーンランタン」のパートでした。公開初日にくるようなクソオタクどもはこれだからダメだな。
 色々な意味でクレバーに攻めてきてるバカ映画です。無茶苦茶緻密に計算して「適当な映画」を作ってる。バッカでー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/26

ホース・ソルジャー

 一部特定方面のアイドル、ラシッド・ドスタム将軍が活躍すると聞いて『ホース・ソルジャー』を観てきましたよ。
 911直後のアフガニスタンでタリバンの拠点を制圧する任務を帯びたわずか12人の特殊部隊の戦いを描く良い騎馬近接戦闘映画でした。
……というとネタっぽいけど、ちゃんと事実に即してタイトに作られてる「戦争映画」。
 あとドスタム将軍が主人公すぎてヤバい。騎馬突撃とかする。

 大変嘘くさいが、この映画を振り返ると常に最終的にここに行きつく。そうならざるを得ないのだ!


 なお、作中で「(ドスタム将軍が)16の頃からタリバンと戦っていた」的なセリフがありましたがンなわけねぇだろう!字幕の向こうで何と言っていたんだ?
……いや、そういうハッタリかましそうな人物ではあるのであえて言わせたセリフだったりするのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/20

今日の読了本『彷徨える艦隊ジェネシス 先駆者たち』

・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊ジェネシス 先駆者たち』

 『彷徨える艦隊』の数世紀前、まだ星系同盟(アライアンス)も惑星連合(シンディック)も存在しなかった宇宙開拓時代。星々を率いるべき地球は力を失い、世界に力の論理がはびころうとしている時代。それでも世界を良くしようという人たちの伸ばした手が繋がっていく物語。今回も面白かった。
 雑にいうと、それぞれの理由ではぐれ者になったけれどならず者には決してなりたくない人々による水滸伝という印象。
あと、主人公の一人ロブ・ギアリー大尉のグレイ・デス的戦闘術にちょっとニヤリ。
 ドラマの視点がほぼジョン・ギアリーに集中していてマクロな戦闘がメインになる『彷徨える艦隊』本編とはまるで違うノリなんだけど、あの世界の未来に繋がる色々が感じられて嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

レディ・プレイヤー1

 原作小説『ゲームウォーズ』を読んだ時から楽しみにしていた仮想現実サイバーパンク映画。80年代育ちにはたまらないテーマパーク体験でした。あれとかこれとかこんなネタとか!
 そして萌えキャラとしてのエイチが性能高すぎる!

 劇場で観て「おれはガンダムでいく!」を映画のアイコンとしてみんなが掲げた理由がよくわかりました。セリフの字面だけですでにネタとして面白く、それと裏腹に溜めに溜めての作中での登場は格好良く、そして何より探索に直接関わらないシーンだからネタバレしてもあまり怒られない!

 「おれはガンダムでいく!」のシーン、起動直前のダイトウのヘッドマウントディスプレイにガンダムのロゴが浮かんでるのが外側から見えるのが地味にアツい。あと、ダイトウはGの影忍が好きなタイプ。ビームサーベル逆手持ちをするような奴はみんなそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

FAガールオフin仙台

 昨年に引き続き仙台でFAガールメインの模型オフ会行ってきました。
 製作技術的なtipsからFAガール白虎ちゃんのお尻のセクシーさまで幅広く多くの事をを学ばせていただきました。

当日のツイッター記録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 たいへん面白く、またたいへん残酷な物語でありました。次のアベンジャーズ映画である程度の復活と勝利のカタルシスが期待できるとはいえ、しかし……まったく絶望的でストレスフルな敗北の物語でした。
 いやほんと、こんだけがっかり要素を詰め込みながらも、一本の映画としては盛り上がり面白くしなくてはならないという条件をこなしたスタッフに拍手を送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/30

今日の読了本『アルテミス』下巻

・アンディ・ウィアー『アルテミス』下巻

 タフな密輸業者ガールと仲間たちが月面都市の平和のために不可能犯罪に挑む!あと、事あるごとに溶接するよ!
 いやもう、すげぇ面白かったです。科学的・技術的解説の情報量は多いんだけど、あの軽快なウィアー節でテンポよくまとめられてサクサク読み進んでいっちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

今日の読了本『アルテミス』上巻

・アンディ・ウィアー『アルテミス』上巻

 火星に取り残された宇宙飛行士の極限サバイバルを描いた『火星の人』に続く新作。今度は月面都市人の女の子が生きるか死ぬかだ!まさかあそこからこう展開するとは思わなかった。これからどうなる!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

将来の火星探査に必須の重大ミッション、「おいしい宇宙食」の開発にNASAが挑む

https://wired.jp/2018/04/06/food-in-mars/

>一般的に考えて、保存可能期間が5年を越す食品はありません。
>でも火星ミッションでは、食糧を5年間保存できなければならないのです

 それでなくとも長期になる惑星間移動に加えて、火星に到着しても地中にバクテリアがいないからジャガイモを育てるのさえ簡単にはいかないもんなぁ。(火星の人脳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«発売間近の新作『BATTLETECH』機体デザイン訴訟に決着―原作ゲームへの訴訟は継続