« セグウェイによる全米横断に成功--ドキュメンタリー映画の撮影で | トップページ | 今週のSEED »

2004/11/19

今日のSFリスト

宇宙英雄ローダン・シリーズ 第99巻『最後の砦』
巡洋戦艦《ライオン》は、ネオ=モルケックスを探していた。合成されるやいなや、高速で必ず銀河中心部めざし消えてしまうネオ=モルケックス。その手がかりを得るべくペリー・ローダンは、宇宙艦を動員したのだ。銀河中心部の緑の凝集星団を捜索中に原因不明の強烈な構造振動を探知した《ライオン》はその直後、微弱な救難信号を受信し、その発信源に急行した。ようやく発見した宇宙船は以前シムバン星系で《ライオン》をさんざん苦しめたアコン人の宇宙船だった。しかもひどく破損している。《ライオン》の艦長は、自ら先頭に立ちアコン船の調査に向かうが!?

|

« セグウェイによる全米横断に成功--ドキュメンタリー映画の撮影で | トップページ | 今週のSEED »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/2010458

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のSFリスト:

« セグウェイによる全米横断に成功--ドキュメンタリー映画の撮影で | トップページ | 今週のSEED »