« 私は二十代の蜘蛛男だった | トップページ | 今週のジャンプ »

2004/11/28

今日のSFリスト

宇宙英雄ローダン・シリーズ 第105巻『奇妙な侵攻』
空洞惑星ホラーの第三階層、黄階層へと脱け出した《クレストII》のローダン一行を待ちうけていたのは、放射能嵐ふきあれる死の世界だった。かつて高度な文明の栄えていたその世界で起きた核戦争が、その階層の生物という生物を根絶やしにしてしまったらしい。だが、ネズミ=ビーバーのグッキーとゲッコは、その不毛の世界で思考インパルスをキャッチした。テラナーには六時間と耐えられぬ放射能に満ちた廃墟の世界に、いったいいかなる生物が生息できるというのか!さっそく搭載艇C3とともに探査を開始した《クレストII》を襲う“見せかけ殺し”の正体は?

|

« 私は二十代の蜘蛛男だった | トップページ | 今週のジャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/2097764

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のSFリスト:

« 私は二十代の蜘蛛男だった | トップページ | 今週のジャンプ »