« 月はいつもそこにある | トップページ | 仮面ライダー響鬼 第一話『響く鬼』 »

2005/01/29

リムランナーズ

http://www.fog.jp/main/products/RR.htm

 タイトルを見て、C・J・チェリィ?と思いながら購入。

 主人公がレックス・ラインスターで、彼が乗り込む船のクルーがアリシア・シルヴァーバーグにロデリック(ロッド)・ホールドマン、カレン・ブラッドベリ、エリック・マーティン、ヒロイン格っぽい社長がステラ・ハミルトン。そのライバルはエレノア・アンダースンでストーリーのキーになりそうな女の子がクラリッサ(クリス)・シモンズときたもんだ。ハルカ・ホヅミは高千穂遙かしら?アリシアやロデリックやクラリッサはレンズマンかな?ロデリックはむしろロッド・マクバンかも。
 と、マニュアルを読んでウハウハしながらプレイ開始。

……いや、いきなり惑星サンドキングス(ジョージ・R・R・マーティンに同名の短編集がある)で物語が始まるとは思いませんでしたよ。


 序盤をプレイした印象ですが、古臭いと言ってもいい王道ストーリーです。すばらしい。
 少年は荒野を……大宇宙を目指さねばならないのですよ。いつかここを出てやるんだ!あの星々の世界へ旅立つんだ!……と。
 作中にテクニカルタームが登場するたびに用語辞典に追加されていくのが地味に楽しいです。


<作品内容と直接関係ない話>
 序盤の宇宙レース話で3Dモデリングされたパーソナルシップが飛び回るのをみて、キャン玉でこれをやって欲しかったなぁとちょっと……すごく思った。というか、ほとんどそのままのシステムでキャン玉を移植できそう。このメーカーになら家庭用移植してほしいなぁ。
 あと、おんぼろ宇宙船のスターゲートのギャルギャルということで、ちょっとなつかしの宇宙エロゲLOVESEED思い出しました。最近再プレイしたもんで。昔はいろいろ文句言ってたけど、今プレイすると結構楽しかったです。win2000以降では動かないけど。
 ロッドのおやっさんがブラックラグーン(一巻のおまけ漫画の)のダッチに見えてしまってどうしよう?

|

« 月はいつもそこにある | トップページ | 仮面ライダー響鬼 第一話『響く鬼』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/2740865

この記事へのトラックバック一覧です: リムランナーズ:

« 月はいつもそこにある | トップページ | 仮面ライダー響鬼 第一話『響く鬼』 »