« 恒星の表面でも「潮の満ち引き」が起きていた | トップページ | 扉でわかるアメリカの合理主義 »

2005/05/29

だらだらと

 レンタル落ちを300円で買ってきた『ミステリー・メン』を見たり、『スター・ウォーズ クローン大戦』を見たり。

 ミステリー・メン、最高。
<簡単ストーリー解説>
 スーパーヒーローのキャプテン・アメージングは街の悪党たちを全て退治してしまったため敵がいなくなってしまう。ヒーローとしての仕事がなくなることを恐れた彼は超極悪非道悪人カサノバ(演:ジェフリー・ラッシュ)を刑務所(と言うか精神病院)から釈放させ、再び活躍しようとする。
……が、逆に捕われてしまう。そんな彼を救出しようとアマチュア・ヒーローたちが立ちあがった!

 ちなみに、主人公たちの能力
フューリアス:怒る。
ショベルマン:ショベルで殴る
ブルー・ラジャ:フォークを投げる。たまにスプーンも投げる。
スプリーン:オナラが臭い。
インビジブル・ボーイ:透明になれる。ただし誰も見ていないときだけ。
ボウラー:親父の頭蓋骨が入ったボウリングの玉を投げる。
スフィンクス:よく分からないがエライ。
 いや、バカだけど、みんなちゃんと見せ場があって格好良いのですよ。良作。


 クローン大戦は環境ビデオ的に適当に流しっぱなしにするのが正しい見方な気がする。
 ARCトルーパー部隊カッコイイー!赤トルーパーステキー!
 パンツァー・リッター(仮名)強えー!
 ハゲ百烈券TUEEEEE!!
……というか、全般にジェダイ騎士のプレイヤーさんたちはいい気になりすぎですよおまえら。とくにアナキン。あなたは戦闘系以外の技能にもCPを割り振るべきです。

|

« 恒星の表面でも「潮の満ち引き」が起きていた | トップページ | 扉でわかるアメリカの合理主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/4333888

この記事へのトラックバック一覧です: だらだらと:

« 恒星の表面でも「潮の満ち引き」が起きていた | トップページ | 扉でわかるアメリカの合理主義 »