« 遅ればせながら、 | トップページ | ギリギリヲタとバレない知識の境界線のガイドライン »

2005/09/06

『ニンテンドッグス』から「人が欲する人工知能」を考える

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050905203.html

>われわれが『ニンテンドッグス』を愛してやまないのは、単に
>子犬たちが可愛いからではない。子犬たちがわれわれを必要と
しているからだ。

>要するに、われわれは世話をするのが大好きだということだ

>デジタル時代に対する深い洞察で知られるシェリー・タークル氏は、
>ロボットと人間の関係を研究してきた。タークル氏は、一番人気のあ
>るロボットは、意外にも、人間が世話をする必要があるロボットだと
>いうことを発見した。

 つまり、ドジっ子メイドロボ萌えこそが世界のスタンダードということですか!?

 冗談はさておき、この話を突き詰めていくとかなり面白そうな気がする。誰ぞ心理学やってる人がいたら、このネタ追及してみませんか?

|

« 遅ればせながら、 | トップページ | ギリギリヲタとバレない知識の境界線のガイドライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/5816579

この記事へのトラックバック一覧です: 『ニンテンドッグス』から「人が欲する人工知能」を考える:

« 遅ればせながら、 | トップページ | ギリギリヲタとバレない知識の境界線のガイドライン »