« 中秋の名月くっきり、残暑の中にも秋の気配 | トップページ | Collected Tears of the Weeping Nivbed »

2005/09/20

シャトル後継機開発-NASA

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050920-02706189-jijp-int.view-001

>19日、NASAが公表したスペースシャトル後継機の基本設計図。
>将来の有人月面、火星探査に使用される。右側先端部にあるのが宇宙
>飛行士が乗り込むカプセル型の船室、中央の円筒部分が地面に着陸し
>て探査する機器(AFP=時事)11時09分更新

 以前の計画のままなら、こっちが有人探査のほうなのかな?
 現状では使い捨てのほうがコスト的に有利だから仕方ないけれど、いずれはシャトル型の往還機も復活して欲しいものです。ゆっくりでもいいからさ。

|

« 中秋の名月くっきり、残暑の中にも秋の気配 | トップページ | Collected Tears of the Weeping Nivbed »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/6037151

この記事へのトラックバック一覧です: シャトル後継機開発-NASA:

« 中秋の名月くっきり、残暑の中にも秋の気配 | トップページ | Collected Tears of the Weeping Nivbed »