« 2005年総括 | トップページ | 今年のマンガ・アニメ »

2005/12/31

今年の本

 SF小説部門については、
スペースオペラの名作『サンティアゴ』
時間移動ものの頂点『アヌビスの門』
痛快無比のユーモア冒険小説『小鼠、ニューヨークを侵略』
の三冊で、ベスト3は確定。

 それ以外では、『さらにすごい科学で守ります!』『ドラゴン学』『傭兵の二千年史』『なぞなぞの本』が特に面白かったです。

 ある意味最強だったのは『リアル鬼ごっこ』ですが……。

┌─────────────────┐
│     ∧_∧____          .      │
│    /(*゚-゚) ./\ しぃおり      .┌┴─┐
│  /| ̄∪∪ ̄|\/29Pまで       └┬─┘ 
│    |____|/  読んだ   .      │
└─────────────────┘ 

|

« 2005年総括 | トップページ | 今年のマンガ・アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/7930600

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の本:

« 2005年総括 | トップページ | 今年のマンガ・アニメ »