« The Return of Santiago | トップページ | フジテレビが2ちゃんねるを批判 »

2006/02/24

8マン・インフィニティの三巻とよみきりものの10巻を買いにいったら、

 プリンセス・ブライドが重版されててビックリ&大喜び。非指輪物語型ファンタジーの傑作ですが、長いこと本屋においてない状態が続いていたのでなかなか人に薦められなかったんですよ。や、これで心置きなく人に薦められるというものです。善哉。

 8マンは雑誌掲載時からかなり手が入っていてすばらしい。特に見開きの泣き虎四はセリフがなくなった分さらにパンチ力を増していて、わたくし見事にKOされました。
 収録話は雑誌連載の最新話までなので、いますぐ1~3巻を読めば、数日後発売のマガジンZ本誌ですぐに続きが読めるベストのタイミング。未読の人は今すぐ書店にダッシュだ!


|

« The Return of Santiago | トップページ | フジテレビが2ちゃんねるを批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/8821210

この記事へのトラックバック一覧です: 8マン・インフィニティの三巻とよみきりものの10巻を買いにいったら、:

» [漫画]エイトマン・インフィニティ 3巻 原作:七月鏡一 作画:鷹氏隆之 Roots:平井和正・桑田次郎 [百合と向日葵の花束を]
 Clear Aetherさんにて発売を知り慌てて購入。  よく行く本屋では、23日発売の各コミックスの中でほぼ唯一平積みにされていなかったために発見が遅れたようだ。しかも新刊棚ではなく講談社の本の中に突っ込んであった。こ、こんなに面白いのに!  今回は光一というかエイトマンの破壊を狙う新キャラ5thの登場、敵組織「黒い蝶」の本格的な作戦開始と色々とネタはてんこ盛りなのだが、やはり一番素晴らしいのは光一に戦いを回避されて泣く4th……虎四か。たまりませんわ。  しかしほんと売れてねえみたいなのはどう... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 20:20

« The Return of Santiago | トップページ | フジテレビが2ちゃんねるを批判 »