« 西暦2036年からのタイムトラベラーが出現!? | トップページ | 戦闘機クロスレビュー »

2006/03/01

自分用メモ:8マン・インフィニティ登場人物の出展

 情報整理&未読作品の確認&今後の展開の予想用メモ。
 面倒なのでいちいち確認は取ってませんが、サブタイトルも平井作品のタイトルからもってきたものが多い様子。

・東八郎(エイトマン)
 いわずと知れた『8マン』に登場のスーパーロボット。
 凶悪犯に射殺され、殉職した刑事東八郎が、谷博士によって電子頭脳に移植され、スーパーロボットとして甦えり、警視庁捜査一課の7つの捜査班のいずれにも属さない第八番目の男(=8マン)として悪と戦う。

・田中善右衛門
 『8マン』では警視庁捜査一課長、『超犬リープ』では警視総監として登場する。
 8マンの正体を知るただ一人の人物。

・リープ
 『超犬リープ』の主人公。
 愛犬リープが交通事故で死んだことを悲しむ娘エコーのために、SF社の技術部長オビが造ったロボット犬。
 廃刊直前のコミックガンマ誌でリメイク漫画が連載されかけたが、掲載誌の沈没に巻き込まれて水没した。

・林芳蘭(4th)
 『ウルフガイ』に登場。中共情報機関・虎部隊エージェント。コードネームは虎4( フースー)。
 『ウルフガイ』のヒロイン。
 同作品には芳蘭の姉、梨花(虎2)も登場しており、インフィニティへの登場が期待される。

・サンダー
 『超犬リープ』登場の「怪獣サンダー」。宇宙開発実験のため特殊合金製の宇宙服を着せられた元サーカスの虎。研究施設を脱走するが戦車の砲撃により死亡する。

・アーネスト・ライト(5th)
 『サイボーグ・ブルース』の主人公。黒人のサイボーグ特捜官。

・オルガ
 オリベッティ・オルガ。『サイボーグ・ブルース』に登場。アーネスト・ライトと深いかかわりを持つ。

・ヴァレリー
 ヴァレー(valley)=谷、で谷博士(『8マン』)。見たままです。

・S
 『死霊狩り(ゾンビー・ハンター)』および『デスハンター』に登場。『デスハンター』ではシャドウ。ゾンビー・ハンター達の指揮官。長身で無表情、常にサングラスの白人。

・林石隆
 『死霊狩り(ゾンビー・ハンター)』、『デスハンター』、『ウルフガイ』、『超革命的中学生集団』に登場。liar-soft作品でいうところの「けーこちゃん」のようなもの。
 『ウルフガイ』の林石隆は虎4・林芳蘭の父親。

・高鳥
 高鳥慶輔『幻魔大戦/ハルマゲドン』の主人公格。

・リュシール
 『デスハンター』のヒロイン。元アラブゲリラの美女。小説版である『死霊狩り(ゾンビー・ハンター)』のライラにあたる。

・不死鳥作戦
・メトセラ計画
 どちらも『ウルフガイ』。たしか、不死鳥作戦がヤング・ウルフガイ、メトセラ計画(プロジェクト)がアダルト・ウルフガイだったと思った。

・ミュラー
 『8マン』、「光線兵器の巻」に登場、作中ではミューラー。黒い蝶スパイ団のメンバー。

・黒い蝶
 『8マン』、エピソード「光線兵器の巻」以降しばしば登場する国際スパイ団。団長はドクター・ユーレイ。ただし、ドクター・ユーレイの死亡後も活動は続行。
 
・魔王(エルケーニッヒ)
 『エリート』の魔王ダンガーであろうと予想される。
 インフィニティ1巻4ページ2コマ目に登場しているのは『8マン』登場の超人類が作った同名のロボット。名前以外関係ないけれど。

・ユレー
 ドクター・ユーレイ。黒い蝶スパイ団の団長。ヨーロッパ某国から奪った中性子爆弾で日本政府を脅迫し、百億円の金塊を要求する。

・加賀美
・ヨコジュン
 実在の作家「鏡明」「横田順弥」のこと。ともに『超革命的中学生集団』ではメインキャラクターとしても登場。

・杉岡優里
 『ウルフガイ』に登場の風紀委員長が「杉岡由起」だった。とりあえずメモ。

・内閣情報室の矢島
 『ウルフガイ』

・スパイボール
 『8マン』に登場、ソ連のデーモン博士が制作した兵器。超人類に対抗するために8マンに与えられた。
 超高速で回転する事により、触れた物質の分子結合を破壊する。超高速で動く為、端から見ると透明に見える。


参考
【蘇る伝説】8マン・インフィニティ 1st
HIRAIST Super space.

|

« 西暦2036年からのタイムトラベラーが出現!? | トップページ | 戦闘機クロスレビュー »

コメント

これは貴重なまとめをありがとうございます。
サブタイネタは私は分からないのが多いですねえ。「幽霊ハイウェイ」は本家エイトマンにもあったと思うのですが。

投稿: 怪しい隣人 | 2006/03/01 22:02

 ありがとうございます。励みになります。
 幽霊ハイウェイは手元の秋田書店版には載ってないですねぇ。そろそろちゃんとした版のやつ買うべきかしら?(秋田書店版は収録されていないエピソードがかなり多い)

投稿: Johnny-T | 2006/03/02 22:09

はじめまして、まとめ拝見しました。
平井作品は、小説の方はある程度読んでいるのですが、漫画の方が疎いので、ありがたいです。

杉岡優里は、、、
小説版「幻魔大戦」に杉村由紀、「真幻魔大戦」に杉村優里というキャラが出てきます。
これに杉岡由起も加えた合体キャラなのかなとも。

投稿: 本多由亨 | 2006/03/16 21:01

幽霊ハイウェイだけど、短編集「怪物はだれだ」に収録の「怨霊ハイウェイ」が元ネタかと
題材もハイウェイでの謎の事故と共通だし

投稿: | 2006/03/17 04:12

本多由亨さん&『 』さん
 情報ありがとうございます。小説作品の方は有名どころを何とか押さえている程度のレベルなので助言をいただけると本当に助かります。

 そういえば8マンとはまったく関係ありませんが、七月鏡一氏が原作のジーザスにも闇のイージスにもアラブ系ゲリラ/テロリストのライラ嬢が登場していることに最近気がつきました。出来ておるのう。

投稿: Johnny-T | 2006/03/21 21:07

ここしばらくの懸念と致しましては、幸ねえが『アンドロイドお雪』だったらどうしようと。

光一くんが夜な夜なスゴイコトに。

投稿: こあとる | 2006/03/23 00:15

そ・れ・だー!!(ありえません)

幸ねえのソースはさておくとして、ナンバーズ・マシナリーの6thとか7thあたりに『Snow』とか出てくるんじゃないかしらという気はします。そしてうれしいやらしい展開へと!?

投稿: Johnny-T | 2006/03/26 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/8896945

この記事へのトラックバック一覧です: 自分用メモ:8マン・インフィニティ登場人物の出展:

» ウルフガイ-狼の紋章-1巻本日発売! [漫画脚本家 田畑由秋のぼやきつぶやき]
私はしがないマイナー漫画家、というか漫画脚本家です。 プロデビューして10年に [続きを読む]

受信: 2007/08/22 00:28

« 西暦2036年からのタイムトラベラーが出現!? | トップページ | 戦闘機クロスレビュー »