« 渦巻く雲、くっきり 欧州探査機が金星で撮影 | トップページ | 中屋健一『アメリカ西部史』 »

2006/04/17

支倉 凍砂『狼と香辛料』

『行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。
「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」
 老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることをロレンスは了承した。
 そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが──。
 第12回電撃小説大賞<銀賞>受賞作!』

 面白かった。
 『行商人』ロレンスと老練で狡猾だけど寂しがり屋でりんご好きの『賢狼』ホロの物語。
 中世的行商人ファンタジーという滅多にないフレーバーもまたよし。商品、貨幣の流通を主題に持ってきて、きれいに物語に絡める技量は本当にたいしたものです。
 魔法も剣もないけれど、文句なしに面白いファンタジーでした。

関連:パヤパヤ2006さんの『狼と香辛料』絵。出発のシーン

|

« 渦巻く雲、くっきり 欧州探査機が金星で撮影 | トップページ | 中屋健一『アメリカ西部史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/9643448

この記事へのトラックバック一覧です: 支倉 凍砂『狼と香辛料』:

« 渦巻く雲、くっきり 欧州探査機が金星で撮影 | トップページ | 中屋健一『アメリカ西部史』 »