« ニンジャソード24本を無許可所持、京都の男逮捕 | トップページ | 自分用メモ »

2006/06/06

ボイジャー1号・2号、太陽系の果てからの報告

http://www.astroarts.co.jp/news/2006/06/05voyager/index-j.shtml
ネタ元:日々是魚を蹴るさん
動画『恒星間宇宙に向かうボイジャー』(ネタ元:The Wapentakeさん)

 宇宙…それは人類に残された最後の開拓地である
 そこには人類の想像を絶する 新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない

>今2機のボイジャーが通っているのは、太陽から放射状に進んでいた太陽風が
>恒星間ガスの影響を受け始める「末端衝撃波面(Termination Shock)」の付近だ。
>目指すは、ヘリオスフィアの最果て、「ヘリオポーズ(Heliopause)」である。

>両探査機は、1年に5億キロメートル以上(地球-太陽間距離の3~4倍)の速さで
>ヘリオポーズを目指している。初めて人工物が地球の外へ出てから50年近く経った今、
>人類のフロンティアは太陽系をも超えようとしているのだ。

 ああ……言葉もありません。どこまでも遠く遠く突き進んでください、『海の冒険者』たち。いつの日にか親切な宇宙人に改造されて戻ってくるのを楽しみにまってます。(C)スタトレ映画

 ちょっと調べてみたんですが、 ボイジャー1号・2号もまだ100kgのスラスタ推進剤を半分ほどしか消費していないのだそうです(2004年8月時点)。

|

« ニンジャソード24本を無許可所持、京都の男逮捕 | トップページ | 自分用メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/10421134

この記事へのトラックバック一覧です: ボイジャー1号・2号、太陽系の果てからの報告:

« ニンジャソード24本を無許可所持、京都の男逮捕 | トップページ | 自分用メモ »