« 朝松健『旋風伝 レラ=シウ』 | トップページ | パンプキン・シザース5巻 »

2006/06/17

北海道ウェスタンつながりで佐々木譲の『帰らざる荒野』も読んでみた。

『友近克也は父・善次郎が築いた馬牧場を出た。兄嫁となる女性に想いを残して…。行くあても帰る場所もない、ただ生きるための流浪の旅だった。町々にはびこる悪徒に、容赦なくとどめを刺す克也。暴力と策謀が渦巻く荒野の果てに、安住の地はあるのか?北海道開拓期。過酷な運命に立ち向かう家族、そして男女を描く連作短編集』

 『旋風伝』が北海道マカロニウェスタンなら、こちらは北海道正統派ウェスタン。北海道・開拓期の牧場の興亡を描いた、二代にわたる馬飼いの物語。活劇小説であり、大河開拓ドラマ。
 こちらも面白かったのですが……主人公一家のファミリーネームが我が家のそれと一緒であるというわりとありえない事態に、読みながら俺様大混乱。フィクションでこの苗字を見たのは初めてだよ。リアルでも一族以外に見たことないしな。

|

« 朝松健『旋風伝 レラ=シウ』 | トップページ | パンプキン・シザース5巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/10570062

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ウェスタンつながりで佐々木譲の『帰らざる荒野』も読んでみた。:

« 朝松健『旋風伝 レラ=シウ』 | トップページ | パンプキン・シザース5巻 »