« レゴで組まれた太陽系儀 | トップページ | 冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」 »

2006/06/23

半導体レーザー「ドーナツ型」ビームに成功 京大など

http://www.asahi.com/science/news/TKY200606220103.html

 パワーアップカプセルが4つでリップルレーザー!!

>「フォトニック結晶」と呼ばれる特殊な構造を利用。
>ガリウム・ヒ素などの半導体で6種類の構造を作って波長980ナノメートル
>(ナノは10億分の1)のレーザー光を発生させると、従来出せなかった
>ドーナツ形など6種類の形のビームが出せた。

>ドーナツ形ビームでは、光をその波長の数分の1に絞ることも可能で、
>従来の光ディスクの10倍以上の容量増が見込めるという。
>数年後の実用化を目指している。

 あれ?

>光をその波長の数分の1に絞ることも可能

……残念だ、リップルレーザーじゃないよ。


 記事と無関係なリップルレーザー動画
http://www.flurl.com/uploaded/ring_82312.html

 むむむ……あの泡を吐く前の呼吸の感じから、多分タバコの輪っかを作るのと同じやり方なのだけれど(実際に鏡の前で確認してみた)、。

 イルカごときに負けるのは悔しいので、輪をくぐりぬける煙の帆船を吐き出せるレベルまで修行しようと思います。(ガンダルフにでも弟子入りしてこい)

|

« レゴで組まれた太陽系儀 | トップページ | 冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/10651893

この記事へのトラックバック一覧です: 半導体レーザー「ドーナツ型」ビームに成功 京大など:

« レゴで組まれた太陽系儀 | トップページ | 冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」 »