« COYOTE RAGTIME SHOW第二話 | トップページ | 低公害車「クレバー」 欧州で共同研究 »

2006/07/13

オーストラリアで「肉食カンガルー」の化石発見

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060712-00000763-reu-ent

 まるでアルバトロスの映画タイトルだ。怖えぇ!

>草を食べる形の歯ではなく、骨を砕き、肉を噛み切るタイプの歯が生えていたという。

 あのキックボクサーどもが牙まで手に入れたら手がつけられませんよ。おっかないぞ。

関連:キラーカンガルーと有袋肉食類──知られざる古代のオーストラリア

|

« COYOTE RAGTIME SHOW第二話 | トップページ | 低公害車「クレバー」 欧州で共同研究 »

コメント

そういえば昔、ムー誌のUMA特集とかで「ジャイアント・カンガルー」なるものが紹介されてましたね。

もしかしてアイツはこの種の生き残り…!?

投稿: たか☆ひ狼 | 2006/07/14 13:00

「ジャイアント・カンガルー」
すばらしい!!まるでアルバトロスの映画タイトルのようだすばらしい!!

投稿: Johnny-T | 2006/07/15 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/10919728

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアで「肉食カンガルー」の化石発見 :

« COYOTE RAGTIME SHOW第二話 | トップページ | 低公害車「クレバー」 欧州で共同研究 »