« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

佐藤賢一『ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』―』

『小説、そして映画や演劇を通して、世界文学中もっとも有名な主人公は実在の人物だった。絶頂期のフランス王朝の都パリに上ったダルタニャンを迎えた、波瀾の史実とは。出仕、陰謀、栄達、確執…。小説よりも奇なる、人生という冒険に挑んだ男の足跡を生き生きと再現し、歴史の醍醐味を伝える。直木賞作家初のノンフィクション』

 アレクサンドル・デュマの小説『三銃士』の主人公ダルタニャンのモデルになった実在の人物「シャルル・ダルタニャン伯爵」こと「シャルル・ドゥ・バツ・カステルモール」氏の生涯が『二人のガスコン』の佐藤賢一の筆で詳細に紹介されます。
 いわゆる「歴史上の人物」ではない。つまり王侯、英雄、偉人のたぐいではない「ちょっと成功した地味な一軍人にすぎない」史実の『凡人』ダルタニャンは、それでも魅力的ないい男でした。
 帰宅したら『ダルタニャン物語』と『二人のガスコン』読み返そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のサンデー

ちょっと綾崎ハーマイオニーにプロポーズしてくる


                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `<./ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   ‐  _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,____________
/////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

ケン・マクラウド『ニュートンズ・ウェイク』

2004年/嶋田洋一訳/ハヤカワ文庫
『21世紀後半、急速に進化したAIはついに、“特異点”を突破、超知性体“後人類”へと変貌をとげて、人類に反旗をひるがえし、“強制昇天”と呼ばれる大戦争を巻き起こした。それから300年、生き残った人類は、後人類たちが残した超科学技術の産物をサルベージしながら、文明を再建しはじめていた。そしていま、ルシンダ・カーライル率いる実戦考古学調査隊は、ワームホール・ゲートを通じて惑星エウリュディケに到達したが…。 』

 面白かったー。
 『シンギュラリティ・スカイ』に続く、シンギュラリティ・テーマのSF小説。まさに現代の冒険スペースオペラ。
 異星の浜辺に聳え立つ金正日の巨像とか作中劇「ブレジネフ」とかには、『啓示空間』の「尺八を手放さず、スパイ活動をする時には目立つ格好をする虚無僧ささきゆうじ」に匹敵するインパクトでした。イギリス人の頭はおかしい(大絶賛)

 たまにお国言葉が出てしまう方言っ娘の主人公ルシンダ・カーライル嬢が弱気かわいい。

 ハヤカワのシンギュラリティ物三連発(『シンギュラリティ・スカイ』『カズムシティ』『ニュートンズ・ウェイク』。カズムシティはちょっと毛色が違うけど。)は割とよい順番で出版されたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

新雑誌創刊、美少女原稿求め候!

http://cgi.2chan.net/up2/src/f168535.jpg
ネタ元:イヤ展スレ

060827

 見事に狂っておる。
……でもまあぁREDだとなんか納得できちゃうよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーマン・リターンズ

公式サイト

 文句なしに面白かった!素晴らしかった!

 ところどころにブライアン・シンガーらしい意地の悪い部分が覘いてましたが(「二匹いたのに」とか「アカデミー賞と同じだ」とか「ハゲるぞ」とか)、全体としては監督の愛情すら感じる、力のはいったスーパーマンの映画でした。皆も見に行くべし!

 今回見ていてつらかったのは、本作における最大の敵リチャードがすごく善いやつ(いろいろなものを飲み込める大きな度量を持っていて、きちんと空気が読めて、いざとなったら妻子を命がけで助けに行く愛情と勇気を持ってる)なので彼がひどい目にあうところは見たくないぞと、本編と若干ずれた方面でハラハラしてました。

 なお、映画1、2の続編に当たるリターンズとは直接関係のない話ですが、ラリィ・ニーヴンの『スーパーマンの子孫存続に関する考察』(「無常の月」所収)(←わりとネタバレ)を読んでいるとニヤリとできます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

いえーい明日からまた出張ー

 場合によっては一週間以上ー!YAH!

……いきたくねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

トルコの銀行 AK BANK 広告

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=31820
ネタ元:三元の間さん

……(絶句)すげぇの一言。

 でも銀行とはあんまり関係ないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表

http://www.asahi.com/science/news/TKY200608230115.html

>両星団は超高速で衝突したのにバラバラにならず、いまも独立した
>星団の形を保っている。グループは膨大な暗黒物質に包まれていて、
>その重力で形を維持できているのではないかと考えた。

 きっと、暗黒物質(ダークマター)が星団をぐるぐるうずまきにしようとしてるんだ!(C)ロバート・J. ソウヤー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトルの後継宇宙船は「オリオン」 NASA発表

http://www.asahi.com/international/update/0825/012.html

>米航空宇宙局(NASA)は、スペースシャトル引退後の有人宇宙船(CEV)
>の名前を「オリオン」に決めた、と発表した。
>「最も明るい星座のひとつで、最もなじみのある名前」というのが命名の理由。
人類を初めて月に送ったアポロ宇宙船と同様、ギリシャ神話からとった

 全面的に嘘だとはいいませんが、スペースシャトルにエンプラだのディスカバリーだのと名前をつけた人たちが2001年を意識してないとは考えにくいですな。もっとやれ。

 名前の話はさておき、オリオン・オービタ(と呼ぶのかな?)の活躍を心から期待しています。

>オリオンはシャトルとは違う考え方に立つ。
>直径約5メートルのおわんを伏せたような宇宙飛行士が乗るカプセルと、
>円筒形の推進部からなる。
>最大6人乗りで、容積はアポロの2.5倍ある。
>NASAは14年9月に有人初飛行を実施し、18年には飛行士4人を
>月面に送り、7日間滞在させる計画だ。

>米国の次期有人宇宙飛行計画では、宇宙飛行士を乗せるオリオンと、
>月着陸船など無人の貨物部分とを分けて製造。
>それぞれを「アレス1」「アレス5」という別のロケットで打ち上げ、
>宇宙空間でドッキングさせてから、月などを目指す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留守の間に

 冥王星の件も方が付いてしまって残念な限り。まあ、この先も慣例的に『惑星っぽいもの』扱いは続くんじゃないかと思うけど。
 しかし、いまさらゴッドシグマだのジェイデッカーだののEDの話をするわけにもいかんよなぁ……。←冥王星が小惑星落ちしたら使うつもりでキープしていたネタ。ものの見事にタイミングを逃しましたとさ、めでたしめでたくなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今帰宅

 疲れた腹減った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/22

部下をからかうダースベイダー

http://nosmoking.sakura.ne.jp/log/eid955.html

 ベ、ベイダー卿マジ鬼畜!暗黒面にそまりすぎだよアニー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張ってきます

 また水戸へ。金曜までの予定。
 んで、来週もまた出張っぽい。今度は栃木予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

霧に包まれたアトランティス

http://www.dice-k.com/030201/1452.html

 格好いいので紹介。

<追記>
 大きい画像も発見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

かにしるFight!

http://www.pachi.ac/~kanisil/
ネタ元:仙人掌妄言録さん

 ぼーん・ふりーくす!のウラシル四天王筆頭与力(web企画『101 (-97) 匹ウラシルちゃん大冒険!』で勝ち抜いた)ことカニシルをネタにしたゲーム企画。
 面白そうなので、出張から帰ってきたら手を出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ワニは魚である」、オーストラリア議会で決定

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081156054882.html

>あるオーストラリアの政治家が「魚の定義」について熟考した結果、
「ワニは魚である」とする新案を国会に提出このたび承認された

……ハルパゴスさーん、出番ですよー!

      /             ミ
    /`ヽ _               ミ
   ,イ,.- 、 |  ̄_ ̄丁 '' ー┬‐- -ミ
  /,|.l  l ! (  ) ! (´ ) !  r‐
  /イ,! `ー' _L =- --┴-ニ二ト、_'ー'
 |'J」-''_二 =-- ‐一 ー‐t‐-ト、 二__
 レ'/´ィ 、_________  ヾミ| l
 V ,、 F≡三r一tァー,    | l:.:. .::    _________
  |ノ^>、     '^ミ二´    | l:.:.:.::   /
  V/イソ            .::ヽ、二_ <  ば~~~かじゃねえの?
  | / ,'    _        .:.:.:.::i|,)ノ   \
  |.〈、 、 _〉 `丶、     ;:ィil| ノ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  笊yfミミミミヾ、     '!l|il|li!fj'
  ヽ |i''r ''_二二ニミ;ヽ、  ,|l||il|l|,「゚|
   |,l| V´ :::::::::;;/     トi|l|i|i|l|!Ll
   |i! ゞ=-‐''"     ,i||i|l|l|l|!|i{
   |il!  ーォii|「、 ,,.,.ィi||l|i|l|l|i|l|シ'
  ,/i|l||livil|||l|i|l|l|lil|l|i|l|i|i|i|l|l|l|{'
  {l|!|l|i|l|i|l|i|||i|i|l|i|i|i|i|l|l|!|l|l!r'
  ヾ!||i|i||i|i|l||l||i|i|l|l|l|l||l|l!イ
   ``,ヘi|l|i|l|i|l|l|i|r''`''"´ i      ,
    (_~`^~"゙'ヾ     ノ   / ,
   ト─'     ノ      / /i


>オーストラリアにおける新たな「魚」の定義は木曜日に議会で承認され、
2006年度の輸出管理・検疫法案にも明記される

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“機甲猟兵メロウリンク”DVDボックス発売決定

……らしい。
 いまいちソースがはっきりしませんが。
 でもって、そののおまけとしてミクロマン・メロウリンク(HR-SATパイルバンカーカスタム付)の付属が決定なのだとか(ネタ元:ボトムズTRPGスレ)

 本当なら絶対買う。

 ああ、でもミクロマン・メロウリンクのサイドカー付のセットが別で出るという話もあるみたいだから、もうちょっと情報を集めなくちゃだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

「子供に銃を持たせちゃいかんよ!」by ミハイル・カラシニコフ

http://pixel-maritan.sytes.net/maritan_diary/?m=20060817
ネタ元:速水螺旋人さんの日記(mixi)

 なんて企画だ……。

>「子供に銃を持たせちゃいかんよ!」

 ちょっと不謹慎だけど笑っちゃいました。ごめんよミハイル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

ヤマハのマリンスポーツの広告

http://10e.org/mt2/archives/200608/120123.php
ネタ元:クトゥルフスレ

 ディープワンにノーデンスにクトゥさま。
 広告代理店にニャルさまが這い寄っている様子。

 同じスレで紹介されていた記事
1300年前のペルー頭飾りロンドン警視庁が押収
>警視庁などによると、頭飾りは海神をイメージ
>神話のタコを象徴し8つの“触手”がかたどられ、中心に動物のような顔
>が描かれている。縦が約25センチ、横が約40センチ。

 うは、冒涜的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本棚整理してたら

 本の間から諭吉さんが二人も現れた。

……見ない見ない。使わない使わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んだ

 アルコール度数40度のバカルディだのズブロッカだのよりも、度数5パーセントのビールのほうが酔っ払い方がひどいのは体質的なものでもあるのかしらん?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/17

パイレーツ図鑑―歴史のなかの海賊たち

 おい!そこの新入り、ちょっと待ちな!
 覚悟はいいか。ここから先は、邪悪な海賊たちの世界だ。血ぬられた陰謀と冒険の物語。黒ひげ、キッド船長、アン・ボニー…。その名を聞けば目にうかぶ、切れ味するどい短剣カトラス、刑罰の板を歩かされる不運な船員、恐怖の海賊旗から逃げまどう船、そして埋蔵品の数々…。物語の世界を彩どる、のっぽのジョン・シルヴァーやジャック・スパロウ船長、そんな個性あふれるキャラクターの原点となった伝説の海賊たちがいた。海で、陸で、彼らがしかけた大胆不敵な襲撃、船上での厳しい掟、掟破りへの非情な刑罰…。やつらの世界を知りたければ、さあ、この本を取るがいい。

 ドラゴン学のようにイラストや仕掛けがいっぱいで、ただながめているだけでも楽しい本なのですが、楽しいだけではなく資料性もえらく高くてびっくり。
 実在の海賊たちの名鑑や彼らの海賊旗、船上生活の解説や襲撃の方法から、捕まった海賊の受けた裁判や処刑まで豊富な資料で詳しく紹介されています。

 ちょっとイイなと思ったのが巻末の海賊年表の最後に書いてあった『2006年:海賊、今も世界各地で活動』という一文でした。これを「ただの事実じゃん」なんて斬って捨てられる人とはラム酒を酌み交わしたくありませんよ。

 “黒ひげ”エドワード・ティーチの手配書やジャマイカの地図(海賊の埋めた財宝が発見された場所やまだ埋蔵されている可能性のある場所にマークつき)が別紙で付いてきているのでポスターっぽく壁に貼るのもいいかも。……ちょっともったいないからコピーにしよう。

「良い子でいれば、神様に海賊にならせてもらえるかもしれないと期待したこともあった」
――マーク・トゥエイン『ミシシッピの生活』より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムからワンセグ対応・W-SIM採用の腕時計型PHS

http://japanese.engadget.com/2006/08/15/w-sim-oneseg-phs/

 ああ、欲しい!!ビールはあまり飲まないのだけど、買ってくるか。
 TV電話機能がないのが残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/16

太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義

http://www.asahi.com/science/news/TKY200608160317.html

 冥王星を惑星ではないという事にした方が早くね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

国体キャラクターは体力不足? 「はばタン」熱中症

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060816-00000019-san-soci

>県職員が扮(ふん)したはばタンが次々とダウンする異常事態に陥っている。

 ガチャピン先生を見習いたまえよ諸君。

>11体が次々と救護テントに搬送され、中には、はばタンが手当てを受けている
>様子を目撃した幼い子供がショックを受けるというハプニングも生じた。

 うわぁん、微塵も笑えねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

901ATTランタン

パンプキンシザーズ制作日誌より

 本物だ、いいな。欲しいな。
 普段伍長が持ってる分にはあまり気になりませんが、実物になるとかなり大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

轟轟戦隊ボウケンジャー 最強のプレシャス&仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE


 ハリケンジャー/龍騎以来のヒーロー映画、ひさしぶりに行ってきました。

・轟轟戦隊ボウケンジャー
公式サイト
 映画にふさわしいストーリーとアクションのバランスの取れたエピソードでした。
 なお、以降ダイタンケンはスカイゼルと呼称する!(ミサイルだから)

・仮面ライダーカブト
公式サイト
 メイン以外のライダーの扱い悪ッ!サソードはどこっ!?

 厳密に突き詰めると問題山積みの話ですが、本編最大級の疑問にああいう形で答えを出したので許す。割と好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やなせたかしの世界展

公式

 映画の時間待ちがてら行ってきました。入場料300円のわりには良いものが展示されているので、福島市近辺にお住まいの方にはおすすめです。
 当然ながら家族連れが多かったのですが、全般にパパママのほうが浮かれ気味だったのが印象的でした。気持ちは割と良くわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

ハリイ・ハリスン『大西洋横断トンネル、万歳!』

1972年/翻訳:水嶋正路/サンリオ文庫
『1212年、ナバス・ド・トロサの戦いでキリスト教徒が敗れていたら――本書は、こうした歴史的仮定にもとずく「パラレル・ワールド」テーマの傑作とされている。イベリア半島は回教徒に占領され、アメリカ発見はコロンブスでなくキャボットがなしとげ、独立戦争に敗北したワシントンは謀反入として銃殺され、現在のアメリカは貴族の支配するイギリスの植民地に止まっている。ワシントンの末裔であるアメリカ人技師ワシントン大尉は新工法を駆使して大西洋の梅底にトンネルを建設するよう大西洋横断トンネル会社から委託される。真空のトンネル内を列車が磁気の反発力で猛スピードで疾駆するという計画である。大尉は工事を成功に導いて大西洋両岸の産業を活気づけ、女王陛下を説得してアメリカを独立に導く悲願を抱いている。完成を妨害する組織の暗躍、全トンネルの計画者サー・イザンバードの大尉に対する嫉妬、彼の娘と大尉の困難な愛――まさに超弩級の娯楽作である。』

 スチームつながりというわけではないけれど、つみっ放しになっていた『大西洋横断トンネル、万歳!』に手をつけました。
 レコンキスタに失敗してイベリア半島がイスラム教勢力圏のままになった現代(といっても30年ばかり前)の物語。失敗に終わったアメリカ独立戦争の指導者の子孫である主人公ワシントン大尉が、苦難を乗り越えてヨーロッパとアメリカ大陸とを結ぶ大西洋横断トンネルを開通させる物語。
 全体にヴィクトリアンな雰囲気が漂う(でも列車は原子力動力で、大西洋横断トンネルは真空のチューブの中をリニア移動)活劇。面白いけれど、入手がとんでもなく困難なのが難ですね。

 ブラベッジ・コンピューターってなんだろうと思ったけれど、よく読んでみればつまりバベッジ・エンジンのことか。

 というわけで、このあとはバベッジ・エンジンつながりで、ディファレンス・エンジンを読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、いいタイミングで「蒼天のセレナリア」ウェブユーザー参加ボイスパズル企画の完成データが送られてきました。

http://www.liar.co.jp/cele_trading.html
 これでやっといいたいことを口に出せます。
 例の『200シリング』についてコニーが一言で斬って捨てることができたのは、つまりはコニーがすでにあの『200シリング』を購入していたからだったりすると、やっちまった感満点なしょんぼりコニーへの高感度がものすごい勢いでアップアップですよっと。
 あと、微塵もやる気のないゼーズロム特務大尉、萌え。
 以上、企画参加者以外にはまるで意味のないチラシの裏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーソフト『蒼天のセレナリア』

公式ページ(18禁)

少年時代の 空
忘れえぬ 旅の足跡

開く本の中には広がる世界があり……
置き去りにしてきた憧れがあり……

新たな世界でたゆたう子どもの心
追いかける夢 夢

二つの眼の水晶体で
余すところなく捉え続けたい
鮮やかに ただひたすらに
忘れえぬ 記憶の彼方

 蒼天のセレナリア オープニングソング『Juvunille』

 というわけで、遅ればせながらクリア。素晴らしい冒険活劇、文句なしに面白かったです。
 空が青かったり、海が塩辛かったり、星が見えたりすることにいちいち感動できる主人公たちも、自分の生き方を持つ敵役たちも、その周辺の人たちに空と海と大地も全部ひっくるめて大好きだ。
 敵味方の男性キャラたちも魅力的だっただけに、声がないのはちょっと残念でした。適宜脳内補完はしていましたが。
 本編未登場の家庭的な普段着の ピー 女史は近日公開予定の追加シナリオあたりで補完されるといいなぁ。(←義眼眼帯属性持ち)
 はっ!まさか追加シナリオ予告のシルエットが ピー 女史なのでは!?(ねーよ)
 まあ、九分方あのシルエットはヤーロなのだけど。ああ、でも『彼女』にもちっちゃいけどアホ毛があるし髪の毛も長いな……。
 『思い出』のネーエル01の真ん中や右下の「本編からは想像も付かない表情」やゼーズロム03の「義眼の上から眼鏡」がちょっとお気にいり。
 蒸気王も自分に技術があったら立体化したいくらいに好き。……足はドムかしら?それともゴック?

 そうそう、登場人物といえば忘れちゃいけないあの人がいました……って、ネオスってなんじゃぁ赤い人ーーーー!?

 SLGパートはちょっと難易度を落とし過ぎたかなという感じもします。未踏破時でも拠点(都市)が見える様になってるのにはちょっと未開の空を開拓している感をそがれて残念。まあ、これは体験版に対するユーザーの感想に応えたものなので仕方がないかしら。難易度選択とかあればよかったのかな?
 交易品やお届け物や各種アイテムや『思い出』で倉庫が一杯になってくると気分はテトリス。いかに綺麗に倉庫をまとめるかで悩むのも楽しかったです。
……後にギアは最新のものだけ積めばいいと知って愕然とするわけですが。

 以下、本編中で好きなセリフを適当に列挙。
「私は理想主義者ではない。
盲信行為の不利益を、私は知っている。
けれど――

――理想を言わぬものを、私は信じない。」

「世界がこうあるから
 私はこうするんじゃないか!」

「でもね、あたしは嫌いなの。
 あきらめてしまうことが。
 誰かが、何かを、あきらめること。

「理想と偽善は机上で語りなさい、青年」

「わが大罪は無限なれど!
 世界を黒に染めし罪、購うために!
 今しばらくの時と命、我に与えよ!
 精算されるべき
 誇りと夢の時間は、たった"今"より!」

「糞の価値もない」

「私は何度きみに告げた?
 数えてはいるまいが、相当のものだ。」
「206回……です……。」

よき青空を

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/14

巨大ひよこまんじゅう

http://newone.e-city.tv/piyo/greatpiyo.html

それは ひよこというには
あまりにも大きすぎた
大きく  ぶ厚く  重く
そして 大雑把すぎた
それは正に……

……まあひよこなんだけど。
 胸焼けしそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレステア・レナルズ『カズムシティ』

2001年/翻訳:中原尚哉/ハヤカワ文庫
『身近警護の専門家タナー・ミラベルは、雇い主一家を惨殺した黒幕レイビッチを追って、故郷から遠く離れたイエローストーン星に到達した。だがそこで目にしたのは異形の都市カズムシティだった。謎のウイルスによる“融合疫”の発生により、建築物はあたかも新種の植物のように成長し、複雑に融合しあって奇怪なジャングルと化していたのだ…異形の街を舞台に展開するノンストップ・ハードボイルド・アクション超大作!英国SF協会賞受賞作。』

 前作同様の厚さを感じさせない読みやすさ(良い意味でも悪い意味でも)は健在です。
 本作――前作『啓示空間』で一行だけ登場したタナー・ミラベルと、世代宇宙船サンティアゴ号のクルー、スカイ・オスマンの二つの視点で交互に語られる物語――はプロットがよく整理されており、レナルズの小説スキルの上昇が見て取れます。
 もしこれから読もうという人がいるのなら、『カズムシティ』→『啓示空間』の順で読のが良いでしょう。この順のほうが世界観やガジェットをつかみやすいでしょうし、ついでに作品内の時間順にも沿ってることですし。
 続編の翻訳も決定したそうで、いまから発売を楽しみにしています。

……でも次からは分冊販売しようなハヤカワ。本気で読みにくいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートPCのクリーンインストール(継続中)やADSLモデムの不調(さっき復旧)でやたらと慌しい一日でした。

 あとは自転車の整備をしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

Egokast:ベルトのバックルにつける液晶モニター

http://www.100shiki.com/archives/2006/06/_egokastcom.html

 格好いいな、ほしいな。

 ディスプレー部分は後ハメできるみたいだから、神崎士郎も大喜びだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケで流されたらしいパンプキン・シザ-スのプロモーションムービー

http://www.youtube.com/watch?v=_9-oKOFiBe0
(場所が場所なので速攻で消される可能性もあり)
ネタ元:パンプキン・シザーススレ

戦時でもなく
平時でもない
狭間の時代の物語――

永い戦争があった――

『薄氷の条約』と、
呼ばれる停戦から3年――

飢餓
疫病
そして兵隊の夜盗化……

戦災という名の――
もう一つの戦争だった。

 格好よし!
 むう、特技:原作レイプのゴンゾと承知していても期待してしまうなぁ。今回こそはいいゴンゾだといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

長谷川裕一公式ブログ『スタジオ秘密基地』

http://studio-himitsukichi.cocolog-nifty.com/blog/

 うは、いつの間にかこんなの出来てた。日参する。
 記事自体はまだありませんが、サイドバーの各コンテンツが地味に美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきた。

 今回の戦果。
060811

 うむ、実りの多い出張でした。(ちゃんと仕事してるか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

菊池良生『神聖ローマ帝国』

「神聖でもなければ、ローマでもなく、ましてや帝国でもない」ヴォルテール

 『傭兵の二千年史』の菊池良生が送る『神聖ローマ帝国』についての入門書。
 興味はあるのだけれど、一見やたらと複雑で分かりにくい『神聖ローマ帝国』史のどこから手をつけていいのか分からない人(ぼくだ)にオススメの一冊。
 『神聖ローマ帝国』の本流の、その背景や意義について、程好い塩梅で分かりやすく紹介されています。
 巻末の参考文献のページでも邦訳本を中心に紹介されているので、さらに一歩進めたい人(つまりぼくだ)も安心。

 現代ヨーロッパ人の意識にすら残るというローマ帝国の影響の大きさにかなりビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日福島に帰還(予定)

 家に帰り着くのが何時ごろになるかは分かりませんが。
 いざ離れるとなると、名残惜しくなってきます……神戸屋キッチン。福島にもできねぇかなぁ神戸屋キッチン。
 後はまあいいや。(謝れ、水戸の人たちに謝れ(AA略))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

日産、「攻殻機動隊S.A.C. meets NISSAN」展を開催~タチコマロボットも登場

http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/08/04/112.html

>記者会見では、タチコマ型のロボットも登場した。

>今回製作されたロボットは脚1つに3自由度、全体で19自由度を持ち、
>四つ足で歩行する。腕やカメラ部分、胴体後方部分なども可動する。
>実際の声優に吹き込まれた声で音声出力を行なう。

>現時点では、残念ながら発売予定はないそうだが、今後に期待したい。

>なおタチコマロボットは、8月19日、20日に幕張メッセで開催される
>キャラホビ2006で出展され、声優の玉川紗己子氏とタチコマロボット
とのかけあいなどが予定されているという。

 うはー、見てぇー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪湾、酸素不足 原因不明、環境・漁業へ影響心配

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060804-00000018-san-soci

>大阪湾の海底付近の酸素濃度を示す溶存酸素量(DO)が、湾中央部を
>中心に昨年に比べ大きく減少していることが4日、国土交通省や大阪府など
>沿岸自治体による水質一斉調査(速報値)で分かった。
中央部では生物が生きられない状態になっている。大阪湾は近年、環境改善に
>より漁獲高が増えるなど取り組みが効果を上げてきているだけに、
>同省近畿地方整備局は「原因は分からない」と首をひねるが、環境や
>漁業への影響を懸念する声も出ている。

 芹沢博士ー!なんてところで実験してますかー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

ある意味すごく実用的な英和辞典

http://www.atrus.org/yokohama_dialect/scans/view_07.html
ネタ元:嫌展スレ

 まるでソドムストゼロ だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロシアが新通貨単位で大混乱!?

http://www.encount.net/ekiura/0015_0731_ekiura.php
ネタ元:嫌展スレ

>ロシアは超インフレなため、
>多くのロシア人が多額の金額を表現するときには、
>「ルーブル」ではなく「ドル」を使用しているほどだ。
>ロシア政府は「ルーブル」の地位を取り戻そうと必死。

>その対策として、ロシア議会で、
>「ルーブルという通貨単位が使えるにもかかわらず、
>ドルと言ってしまった大臣には罰金を科す」
>という法律を審議中、近いうちに制定されるという。

ところが、議員たちも大混乱。

>法案を作ったセルゲイ・イワノフ国防相でさえも、

>ベネズエラに対する戦闘機供給契約について記者に
>コメントを求められ、

>「契約総額は“10億言ってはいけない通貨単位”だ」
>と答えた。

 むしろ、議員の皆様が面白すぎますよ。資質がありすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/02

[新製品]サンコー、iPod専用の真空管アンプ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060801-00000018-bcn-sci

……どうなんだそれは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、水戸

 というわけで、水戸に移動しました。MAXコーヒーとDrペッパーが普通にそこらの自販機で売られてるのを見ると関東にきたという実感がわきます。
 前回の出張時に調べた裏道情報がいきなり役に立ちました。深夜徘徊はしておくものだね。(すんなよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »