« 巨大ひよこまんじゅう | トップページ | で、いいタイミングで「蒼天のセレナリア」ウェブユーザー参加ボイスパズル企画の完成データが送られてきました。 »

2006/08/15

ライアーソフト『蒼天のセレナリア』

公式ページ(18禁)

少年時代の 空
忘れえぬ 旅の足跡

開く本の中には広がる世界があり……
置き去りにしてきた憧れがあり……

新たな世界でたゆたう子どもの心
追いかける夢 夢

二つの眼の水晶体で
余すところなく捉え続けたい
鮮やかに ただひたすらに
忘れえぬ 記憶の彼方

 蒼天のセレナリア オープニングソング『Juvunille』

 というわけで、遅ればせながらクリア。素晴らしい冒険活劇、文句なしに面白かったです。
 空が青かったり、海が塩辛かったり、星が見えたりすることにいちいち感動できる主人公たちも、自分の生き方を持つ敵役たちも、その周辺の人たちに空と海と大地も全部ひっくるめて大好きだ。
 敵味方の男性キャラたちも魅力的だっただけに、声がないのはちょっと残念でした。適宜脳内補完はしていましたが。
 本編未登場の家庭的な普段着の ピー 女史は近日公開予定の追加シナリオあたりで補完されるといいなぁ。(←義眼眼帯属性持ち)
 はっ!まさか追加シナリオ予告のシルエットが ピー 女史なのでは!?(ねーよ)
 まあ、九分方あのシルエットはヤーロなのだけど。ああ、でも『彼女』にもちっちゃいけどアホ毛があるし髪の毛も長いな……。
 『思い出』のネーエル01の真ん中や右下の「本編からは想像も付かない表情」やゼーズロム03の「義眼の上から眼鏡」がちょっとお気にいり。
 蒸気王も自分に技術があったら立体化したいくらいに好き。……足はドムかしら?それともゴック?

 そうそう、登場人物といえば忘れちゃいけないあの人がいました……って、ネオスってなんじゃぁ赤い人ーーーー!?

 SLGパートはちょっと難易度を落とし過ぎたかなという感じもします。未踏破時でも拠点(都市)が見える様になってるのにはちょっと未開の空を開拓している感をそがれて残念。まあ、これは体験版に対するユーザーの感想に応えたものなので仕方がないかしら。難易度選択とかあればよかったのかな?
 交易品やお届け物や各種アイテムや『思い出』で倉庫が一杯になってくると気分はテトリス。いかに綺麗に倉庫をまとめるかで悩むのも楽しかったです。
……後にギアは最新のものだけ積めばいいと知って愕然とするわけですが。

 以下、本編中で好きなセリフを適当に列挙。
「私は理想主義者ではない。
盲信行為の不利益を、私は知っている。
けれど――

――理想を言わぬものを、私は信じない。」

「世界がこうあるから
 私はこうするんじゃないか!」

「でもね、あたしは嫌いなの。
 あきらめてしまうことが。
 誰かが、何かを、あきらめること。

「理想と偽善は机上で語りなさい、青年」

「わが大罪は無限なれど!
 世界を黒に染めし罪、購うために!
 今しばらくの時と命、我に与えよ!
 精算されるべき
 誇りと夢の時間は、たった"今"より!」

「糞の価値もない」

「私は何度きみに告げた?
 数えてはいるまいが、相当のものだ。」
「206回……です……。」

よき青空を

|

« 巨大ひよこまんじゅう | トップページ | で、いいタイミングで「蒼天のセレナリア」ウェブユーザー参加ボイスパズル企画の完成データが送られてきました。 »

コメント

「セレナリア」の男キャラで最も魅力的なのはルダおじさまだと思います(挨拶)。まあ、それはそれとして、

>ギアは最新のものだけ積めばいい
マジですか。道理で倉庫が狭すぎると思ったんだよ!

話は変わりますが、長谷川裕一センセのブログの存在、こちらで知りました。ありがたやありがたや。

投稿: エム | 2006/08/16 00:43

>ルダおじさま
 ああ、確かにあの人は良い男でありよいパパさんです。

>ギアは最新のものだけ積めばいい
 しかし、そうと分かった今でももったいなくってギアを捨てられない阿呆がここに一人。役に立たないと分かっちゃいるのだけれど……。

>長谷川裕一センセのブログ
 お役に立てて幸いです。

投稿: Johnny-T | 2006/08/17 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/11452687

この記事へのトラックバック一覧です: ライアーソフト『蒼天のセレナリア』:

« 巨大ひよこまんじゅう | トップページ | で、いいタイミングで「蒼天のセレナリア」ウェブユーザー参加ボイスパズル企画の完成データが送られてきました。 »