« 留守の間に | トップページ | 暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表 »

2006/08/26

シャトルの後継宇宙船は「オリオン」 NASA発表

http://www.asahi.com/international/update/0825/012.html

>米航空宇宙局(NASA)は、スペースシャトル引退後の有人宇宙船(CEV)
>の名前を「オリオン」に決めた、と発表した。
>「最も明るい星座のひとつで、最もなじみのある名前」というのが命名の理由。
人類を初めて月に送ったアポロ宇宙船と同様、ギリシャ神話からとった

 全面的に嘘だとはいいませんが、スペースシャトルにエンプラだのディスカバリーだのと名前をつけた人たちが2001年を意識してないとは考えにくいですな。もっとやれ。

 名前の話はさておき、オリオン・オービタ(と呼ぶのかな?)の活躍を心から期待しています。

>オリオンはシャトルとは違う考え方に立つ。
>直径約5メートルのおわんを伏せたような宇宙飛行士が乗るカプセルと、
>円筒形の推進部からなる。
>最大6人乗りで、容積はアポロの2.5倍ある。
>NASAは14年9月に有人初飛行を実施し、18年には飛行士4人を
>月面に送り、7日間滞在させる計画だ。

>米国の次期有人宇宙飛行計画では、宇宙飛行士を乗せるオリオンと、
>月着陸船など無人の貨物部分とを分けて製造。
>それぞれを「アレス1」「アレス5」という別のロケットで打ち上げ、
>宇宙空間でドッキングさせてから、月などを目指す。

|

« 留守の間に | トップページ | 暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/11619967

この記事へのトラックバック一覧です: シャトルの後継宇宙船は「オリオン」 NASA発表:

« 留守の間に | トップページ | 暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表 »