« レナード・ウイバーリー『小鼠ウォール街を撹乱』 | トップページ | 著者生誕100年記念新訂版コナン全集(全6巻)10月から刊行開始 »

2006/09/19

宇宙ステーションで異臭発生、飛行士が防護マスク装着

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060918-00000315-yom-soci

>高度約350キロを周回する国際宇宙ステーション(ISS)で18日、
>ロシア側区画の酸素発生装置から異臭が発生、常駐している飛行士3人が
>防護マスクなどを装着する事態となった。

 ロシア区画と聞いて一瞬納得した。酸素発生装置ってミールで火事を起こしたやつじゃないかしら?。

>AP通信などによると、水酸化カリウムが装置から漏れ出したものと
>みられる。
>装置は以前から不調で、稼働と停止を繰り返していた。
>今回は火災報知機も作動したが、火や煙は確認されていない。

 あわわ、どこにも無事解決と書いてないのが気になるのですが……事態が無事に収束することを祈ります。

|

« レナード・ウイバーリー『小鼠ウォール街を撹乱』 | トップページ | 著者生誕100年記念新訂版コナン全集(全6巻)10月から刊行開始 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙ステーションで異臭発生、飛行士が防護マスク装着:

« レナード・ウイバーリー『小鼠ウォール街を撹乱』 | トップページ | 著者生誕100年記念新訂版コナン全集(全6巻)10月から刊行開始 »