« さすがテレ東は一味違うな | トップページ | 帰還 »

2006/09/07

菊池良生『戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争』

 読了。
 後でグスタフ・アドルフとその宰相ウクセンシェルナについてもうちょっと調べてみよう。面白そうだ。

|

« さすがテレ東は一味違うな | トップページ | 帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/11800650

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池良生『戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争』:

« さすがテレ東は一味違うな | トップページ | 帰還 »