« 世界の美しい図書館 | トップページ | リクルートのショッカー戦闘員CM一挙公開 »

2006/09/09

X-MEN Final Decision

公式サイト
 
 シリーズ完結編にふさわしい、コミックではありえない(……とも言い切れないが)意外な展開を見せる本作……といえないこともないです一応。ただし、そこにはカタルシスってものがほとんど存在しませんが。(家に帰ってパンフで監督の過去作品を見て激しく納得した)
 今回メインキャラクターも容赦なく殺され(文字通りの死に限らず)ますが、彼らの『死』は伏線をまとめるための、もしくはドラマっぽいシーンを作るための『整理』であって、テーマを語るための『死』ではありませんでした。(いやまあ、X-MEN映画でだれかが死んでもみんな「( ´_ゝ`)フーン で、いつ再登場するの?」だろうけどさ)

 ああそうか、どうにもすわりが悪いと思ったら、この映画テーマっぽいものはたくさん放り込まれてるけれど、きちんとけじめが付いたのがワージントンさんの家庭の事情だけなんだ。
 テーマに関わる部分で特に不満なのは、軍隊VS反乱ミュータントの戦いがラストバトルだけだったこと。軍隊強いんだぞー。キュアは脅威なんだぞー。政府は横暴なんだぞー。反乱ミュータントにも一部の理はあるんだぞー。というのは見せなきゃならんでしょうがよ。

 キャラクター造形や演出も、ひどいものでした。自分の行いを(反省ではなく)後悔するマグナスなんか見たくねぇ!
 おまけにスコットの扱いの悪さと来た日には……これはまあいつものことか。

|

« 世界の美しい図書館 | トップページ | リクルートのショッカー戦闘員CM一挙公開 »

コメント

映画一作目を見て、マグナスが「ミュータントを救うためにミュータントを犠牲にする(大の虫のために小の虫を殺す)」作戦を立てたことにびっくりした記憶が。まあ、ある程度べたな悪役にしておいた方が、ストーリーとしてはまとまりますわな。

投稿: おぞん | 2006/09/10 01:05

そういえばそうでしたっけ。
コミックのマグやんも初期はメガトロンみたいなキャラクターだったし、しかたないっちゃあしかたないのかなぁ。

投稿: Johnny-T | 2006/09/12 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/11825744

この記事へのトラックバック一覧です: X-MEN Final Decision:

» ほんとに、ファイナルですか?「XーMEN:ファイナル ディシジョン」次はスピンオフ。 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
全米で大ヒット! 日本公開9月9日「XーMEN:ファイナル ディシジョン」を 試写会で観てきました。 前作で犠牲になったジーンの復活から 話は進んでいきます。 ファイナルということで 最後の争いは シリーズ最高の見せ場を迎えます。 ミュータント達に どんな運命が待っているのかが 一番気になる本作です。 ネタバレすると楽しさが半減するので 是非とも劇場でご覧ください。 意外な話の展開 予告編でも観れる... [続きを読む]

受信: 2006/09/12 14:49

« 世界の美しい図書館 | トップページ | リクルートのショッカー戦闘員CM一挙公開 »