« 私的連絡:同居人の皆様へ | トップページ | 伊議員16人から麻薬反応-TV番組がこっそり検査 »

2006/10/13

「文法ミス」の汚名解消か アポロ名言をハイテク分析

http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/20061011a3010.html

>名言の前半部分は正しい文法では
>That’s one small step for a man,
>となるが、不定冠詞のaが聞こえず、manのままでは「人類」の意味となり、
>結局「人類にとっては小さな一歩で、人類にとって大きな飛躍だ」
>と意味不明な文章になってしまう。

(中略)

>オーストラリアのコンピューター専門家が当時のデータを分析。
人間の耳に聞こえる通常の長さのわずか10分の1ではあったが、
aが発音されていたことが分かった

……ご本人がまだ生きてるんだからさ、疑問点は本人に聞けよ。

|

« 私的連絡:同居人の皆様へ | トップページ | 伊議員16人から麻薬反応-TV番組がこっそり検査 »

コメント

本人にも聞いてはいたのですよー
今までは「aは言ったつもりだけど、言い間違えたみたいだね」と答えていました。

投稿: 真田 | 2006/10/15 23:53

上のコメントの補足。
それで上記の発言を
「苦し紛れの良い訳」と陰口を叩かれていたわけです。
それが今回の件で無実が証明されまして、
本人は喜んでいるそうですよ。

投稿: 真田 | 2006/10/16 00:02

多謝。そのエピソードは知りませんでした。
おめでとう、アームストロング船長。

投稿: Johnny-T | 2006/10/17 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12271277

この記事へのトラックバック一覧です: 「文法ミス」の汚名解消か アポロ名言をハイテク分析:

« 私的連絡:同居人の皆様へ | トップページ | 伊議員16人から麻薬反応-TV番組がこっそり検査 »