« 日仏混成チームによる合作アニメーション『オーバン・スターレーサーズ』 | トップページ | 伊藤園『洋梨茶(ラ・フランスウーロン)』 »

2006/10/13

クローン猫売れず、廃業へ 米企業「毛の模様が違う」

http://www.asahi.com/science/news/TKY200610130260.html

>飼い猫を亡くした愛猫家らに、クローン技術を使って元の猫の
>DNAからクローン猫を誕生させて届けていた。
計5匹誕生させたが、実際に販売できたのは2匹だけだったという。
>同じDNAを引き継いでいても、毛の模様は本物と同じにはならず、
>こうしたことも需要が伸びなかった一因とみられる。

……会社も客も阿呆かや?

|

« 日仏混成チームによる合作アニメーション『オーバン・スターレーサーズ』 | トップページ | 伊藤園『洋梨茶(ラ・フランスウーロン)』 »

コメント

さすが21世紀、フレドリック・ブラウンの世界が遂に現実に(インスタント・ネコノモト!)。
あと、オチまでもブラウンの短編っぽいのがなんとも。

投稿: エム | 2006/10/13 23:32

ちがうもん!ちがうもん!ブラウンはもっと後味悪くないもんっ!(←人それを贔屓の引き倒しと言う)

投稿: Johnny-T | 2006/10/17 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12271355

この記事へのトラックバック一覧です: クローン猫売れず、廃業へ 米企業「毛の模様が違う」:

« 日仏混成チームによる合作アニメーション『オーバン・スターレーサーズ』 | トップページ | 伊藤園『洋梨茶(ラ・フランスウーロン)』 »