« Star Trek Meets Monty Python | トップページ | inspire「エーデルヴァイス」応援バナーキャンペーン »

2006/10/26

今月のマガジンZ

「言っとくけど、これはあくまで“サイバー”をぶっ壊すまでの一時的な休戦だからね」
「俺もだ、任務の障害となる“サイバー”の排除を完了しだいお前を破壊する……」
「それでも……
 心強いさ……

 今この時だけだとしても……“仲間”って言えるんなら」

 というわけで、何はなくとも8マン・インフィニティですよ。先月号のあの引きから一ヶ月、今月も期待をたがえぬ素晴らしい話でした。
 田中課長と東探偵の別れと再会。明かされるヴァレリーの正体。そしてついに結成されるマシナリーズ。ああ、ツボをはずさない展開が素晴らしい。
 次回はいよいよ“サイバー”との決戦。楽しみだ。フィンガー・ロボット出るかしら?

|

« Star Trek Meets Monty Python | トップページ | inspire「エーデルヴァイス」応援バナーキャンペーン »

コメント

今月号、なんだかノリノリなアンナのボディを借りてさらにノリノリな東八郎さんが素敵w
「フェイクだ!!」以来の輝きッぷりですね(あと谷博士は何をやらかんしたんだろう?)

いろいろと苛められてる虎4は相も変らぬツンデレぶり、でも焦げたポニテのせいでいまいち格好がつかないw数えてみたところ黒い蝶事件から3回は光一に危ないところを助けられてますが、彼女ちゃんと借りを返せるんでしょうか・・・


>フィンガーロボ 
出ると良いですね!でもマシナリーってめちゃ高価そう・・・このさい廉価版でもいいので!

獣哭は法山と周平ですっかりボケとツッコミコンビに・・・
「斬馬刀、木に引っかかったりしないのかなぁ・・・」とおもいつつページをめくったら『ああん!』って・・・法山素敵過ぎるw

投稿: 獺 | 2006/10/27 07:33

 個人的には虎4の焼け焦げポニテはかなりお気に入りです。

>フィンガー
 旧作のサイバーの何がすごいって、アメリカの特種工場でしか作れないから、あの谷博士ですら自前では作れない加速装置を作って、フィンガーロボットにとりつけてるんですよね。
 きっと今回のサイバーも何かすごいことをやってくれますよ。

>法山
 あのページの前後ページがえらくシリアスなだけに、「ああん!」の破壊力にブーストがかかってますよ(笑)
 今回の謎のおじさんはいつもにも増してお説教好きな感じですね。

投稿: Johnny-T | 2006/10/30 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12443259

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のマガジンZ:

« Star Trek Meets Monty Python | トップページ | inspire「エーデルヴァイス」応援バナーキャンペーン »