« SF作家のジャック・ウィリアムスンさん死去 | トップページ | 戦うのはカブト虫でなくゾウリムシ 微生物ゲーム誕生 »

2006/11/13

頭に弾丸6発受けても死なない上に手術する必要もない不死身の女、医師も何故死なないのか理解不能

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/851354.html
ネタ元:バカ一スレ

>サンパウロ──元夫との復縁話がこじれて口論となり、
拳銃を撃たれて頭に6発の弾丸を受けたブラジル人女性が、
>命に別状がなく、意識もはっきりしているとして、撃たれた翌日に退院した。

>サンパウロの北約900キロのモンテクラロスで暮らすパトリシア・
>ゴンクラベス・ペレイラさん(21)は10日、元夫と復縁話で
>ケンカになり、32口径の拳銃で、頭のほか手を撃たれた。

>すぐに病院に運ばれたが、弾丸はペレイラさんの頭がい骨を貫通して
>おらず、差し迫って手術する必要がないという。
>医師らも、この状態について「説明できない」と話している。

>ペレイラさんは11日、テレビ局グロボのインタビューで、
>「奇跡だと思う。頭に残っている弾丸を取り除いて、人生を送りたい」
>と語った。

元夫は現在も逃亡中

……本当に人間ですか?
 つーか、

>306 名前:田中[] 投稿日:2006/11/12(日) 22:18:24 ID:7Xtbqolh0
元夫は別の意味で逃げてるような気がする

 激しく同意。

|

« SF作家のジャック・ウィリアムスンさん死去 | トップページ | 戦うのはカブト虫でなくゾウリムシ 微生物ゲーム誕生 »

コメント

つ[スクランブル09]

投稿: こあとる | 2006/11/14 23:51

それだ!

そういえば、マルドゥック・ヴェロシティまだ買ってないや。

投稿: Johnny-T | 2006/11/16 21:59

>元夫は別の意味で逃げてるような気がする

すると何か…?
『寄生獣』に出て来る様な…外皮部を高硬化できる生物だった…
という事だな…www
[スクランブル09]は、ググッたけど、良く知らん。w

投稿: メカ大好き! | 2006/11/22 06:21


>『寄生獣』に出て来る様な…外皮部を高硬化できる生物だった…
手首の皮膚が鋭く硬質化した。
これが! バオー・リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン
(BAOH. RESKINIHARDEN. SABER. PHENOMENON)だッ! (←間違い)

>スクランブル09
冲方丁の小説「マルドゥック・スクランブル」参照でござんす。ちょうど続編が刊行されたばかりなので、旧巻も今なら入手しやすいはずです。

投稿: Johnny-T | 2006/11/23 23:32

元奥さんじつは再来者かも・・・老化と毒物に注意!おお炸裂よ!

それはともかく仮にも元妻に6発も撃ちこむとは・・・怖いですね
ほんとにスクランブル09が必要になったりして

投稿: 獺 | 2006/11/27 22:33

>元妻に6発

……そういえばそうですな。えげつないわぁ。

投稿: Johnny-T | 2006/11/30 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12675312

この記事へのトラックバック一覧です: 頭に弾丸6発受けても死なない上に手術する必要もない不死身の女、医師も何故死なないのか理解不能:

« SF作家のジャック・ウィリアムスンさん死去 | トップページ | 戦うのはカブト虫でなくゾウリムシ 微生物ゲーム誕生 »