« 太陽観測衛星「ひので」がとらえた水星の太陽面通過 | トップページ | 土星(サイクラノーシュ)に巨大な渦巻き雲 NASA観測 »

2006/11/11

神への挑戦?英研究機関がDNA操作でヒトと牛のハイブリッド児の生成認可を政府に申請

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611080140&ref=rss

 ウシシル爆誕。もしくはオールド・ノース・オーストラリア。

>同研究所では倫理上の制約からこのヒトと牛の両方の遺伝的性質を持つ
>胚は数日で廃棄し、胎仔になるまでは育てないとしている。

 真面目な話、胚を最後の最後まで育てきって欲しいと思います。ばれたら怖い人たちが怖いことを言ってくるけど負けるな。

|

« 太陽観測衛星「ひので」がとらえた水星の太陽面通過 | トップページ | 土星(サイクラノーシュ)に巨大な渦巻き雲 NASA観測 »

コメント

それでこそ21世紀!
「育てない」とか公言してますが、このパターンなら、絶対に研究者の誰かが連れ帰って育てるに違いないと思うのですよ。いずれは半アニマルな人種がわさわさ増えて、純正ホモサピエンスが差別されたりするといいなあ(うっとり)。

んでイギリスのことだから「次は猫からキャット(※レッドドワーフ)を作ろうぜ」とか言い出すはず。その日まで頑張れ英研究機関!

投稿: エム | 2006/11/11 22:56

Yah!Yah!Yah!
その通りです。そうあるべきです!

……でもキャットはやめとこうよ。

投稿: Johnny-T | 2006/11/12 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12646117

この記事へのトラックバック一覧です: 神への挑戦?英研究機関がDNA操作でヒトと牛のハイブリッド児の生成認可を政府に申請:

« 太陽観測衛星「ひので」がとらえた水星の太陽面通過 | トップページ | 土星(サイクラノーシュ)に巨大な渦巻き雲 NASA観測 »