« チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児が | トップページ | 『エーデルヴァイス』HP通販予約開始 »

2006/11/29

ジャック・リッチー『クライム・マシン』

『「この間、あなたが人を殺した時、わたし、現場にいたんですよ」―殺し屋リーヴズの前に現れた男は、自分はタイム・マシンであなたの犯行を目撃したと言った。最初は一笑に付したリーヴズだが、男が次々に示す証拠に次第に真剣になっていく。このマシンを手に入れれば、どんな犯罪も思いのままだ…。奇想天外なストーリーが巧みな話術で展開していく「クライム・マシン」、ありふれた“妻殺し”が思わぬ着地点に到達するMWA賞受賞作「エミリーがいない」をはじめ、迷探偵ヘンリー・ターンバックル部長刑事シリーズ、異常な怪力の持ち主で夜間しか仕事をしない私立探偵カーデュラの連作など、オフビートなユーモアとツイストに満ちた短篇の名手、ジャック・リッチーの傑作17篇を収録したオリジナル傑作集。』

 面白かったー!『10ドルだって大金だ』に続いて読んだ二冊目のジャック・リッチー。相変わらず切れ味の良い短編集。ジャック・リッチーは本当に意地が悪いな!

 お気に入りは『日当22セント』と『エミリーがいない』どちらも読後の爽快感が小気味いい。

|

« チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児が | トップページ | 『エーデルヴァイス』HP通販予約開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12872611

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・リッチー『クライム・マシン』:

« チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児が | トップページ | 『エーデルヴァイス』HP通販予約開始 »