« ようつべから二本 | トップページ | 吉野家の期間限定牛丼 »

2006/11/04

紙幣が突如ぼろぼろに=独で不可解な現象相次ぐ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061103-00000050-jij-int

>ドイツで最近、現金自動預払機(ATM)から引き出したばかりのユーロ紙幣が、
>突然ぼろぼろに崩れるという不可解な現象が相次いでいる。
>ドイツ連邦銀行(中央銀行)の2日の発表によると、こうした紙幣はドイツ北部、
>東部を中心に、既に約1500枚見つかっている。

>調査の結果、紙幣から硫酸が検出された。
>一部報道では、何らかの原因で紙幣に付着した硫酸塩が、汗などの水分で
>硫酸に変わり、紙を溶かしたとの見方が伝えられている。
>犯罪なのか、製造、輸送過程などでのミスや事故によるものなのか、
>現時点では不明という。 

 なんだかすごい陰謀の気配ですよ!?

>何らかの原因で紙幣に付着した硫酸塩

……んー、間違っても紙幣に再生紙は使わないよね?うん、これはやっぱり陰謀だ。きっと国際的な紙幣偽造団か何かだ。カリオストロだ。

|

« ようつべから二本 | トップページ | 吉野家の期間限定牛丼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12556448

この記事へのトラックバック一覧です: 紙幣が突如ぼろぼろに=独で不可解な現象相次ぐ:

« ようつべから二本 | トップページ | 吉野家の期間限定牛丼 »