« 吉野家の期間限定牛丼 | トップページ | 背中に肢のはえた牛が生まれる »

2006/11/05

第4のひれ持つイルカ発見 退化したはずの後ろ脚?

http://www.asahi.com/science/news/OSK200611040060.html

>和歌山県太地町立くじらの博物館は4日、胸びれ、背びれ、尾びれとは
>別に生殖器の脇に第4のひれを持つイルカを捕獲した、と発表した。
>イルカのひれは通常3種類しかなく、日本鯨類研究所の大隅清治顧問は
>「第4のひれを持つ鯨類が見つかったのは世界初」としている。
>クジラやイルカはかつて陸上生活をしていたとされ、第4のひれは
>「後ろ脚」が退化した痕跡ではないかという。
>見つかったのはこの1頭だけで、大隅氏は「突然変異で『先祖返り』
>したのではないか」と話している。

 いや待て、これはもしかして陸上歩行に適した形態に進化しようとしているのではないか!?
 大変だ、地上が地上が大ピンチ。

参考:イルカが攻めてきたぞっ

|

« 吉野家の期間限定牛丼 | トップページ | 背中に肢のはえた牛が生まれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/12569862

この記事へのトラックバック一覧です: 第4のひれ持つイルカ発見 退化したはずの後ろ脚?:

« 吉野家の期間限定牛丼 | トップページ | 背中に肢のはえた牛が生まれる »