« コンドーム12,500個で作ったウェディングドレス | トップページ | 出張だの何だのですっかり見落としてましたが、 »

2006/12/11

浅倉久志『ぼくがカンガルーに出会ったころ』

 翻訳家であり、一己のSFファンとしてもぼくらの大先輩である浅倉久志氏のエッセイ集。
 エッセイ集と言っても半数以上が訳した本の後書きや解説の再録で、それ以外の文章に関してもこんな本を買ってしまうような人種ならすでにどこかで読んでいる可能性が高いでしょう。だったら価値がないのかというと、そんなことは絶対にない
 ただ後書きを読んでいく。これだけのことがこんなに面白いなんて思いもしなかった!
 浅倉氏の訳文にお世話になった人たちには是非読んで欲しい。


|

« コンドーム12,500個で作ったウェディングドレス | トップページ | 出張だの何だのですっかり見落としてましたが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/13021351

この記事へのトラックバック一覧です: 浅倉久志『ぼくがカンガルーに出会ったころ』 :

« コンドーム12,500個で作ったウェディングドレス | トップページ | 出張だの何だのですっかり見落としてましたが、 »