« 今年のマンガ・アニメ・特撮 | トップページ | 今年のゲーム »

2006/12/31

今年の映画

 『荒野の七人』でスタートした今年は外れの少ない良い年でした。去年や一昨年のような映画館の壁を殴らなきゃならないレベルでひどいのは一本もありませんでしたし。
 『ナルニア国ものがたり』、『スーパーマン・リターンズ』、『時をかける少女』などは心から楽しめる良作でしたし、『ホテル・ルワンダ』や『トゥモロー・ワールド』の持つ圧力には圧倒されました。

 映画館以外だと、古本屋で『サボテン・ブラザーズ』のビデオを発掘できたのが美味しかったな。

<今年見た映画>
荒野の七人
レジェンド・オブ・ゾロ
SPIRIT
白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々
イーオン・フラックス
ナルニア国ものがたり"ライオンと魔女"
ホテル・ルワンダ
アンダーワールド エボリューション
V-フォー・ヴェンデッタ
陽気なギャングが地球を回す
ポセイドン
ピンク・パンサー
ウルトラヴァイオレット
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
轟轟戦隊ボウケンジャー 最強のプレシャス&仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
スーパーマン・リターンズ
X-MEN Final Decision
笑う大天使(ミカエル)
時をかける少女
イルマーレ
トゥモロー・ワールド

|

« 今年のマンガ・アニメ・特撮 | トップページ | 今年のゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/13282653

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の映画:

« 今年のマンガ・アニメ・特撮 | トップページ | 今年のゲーム »