« 南極 棚氷の下で続々新種見つかる | トップページ | ミリオネアの凄い映像 »

2007/02/28

重さ2.6キロの鳥型飛行機の開発成功 翼は釣りざお

http://www.asahi.com/national/update/0224/TKY200702240295.html
ネタ元:myougayaさんの日記(mixi)

 こちらに動画あり。必見。こいつはすごいぜ!

>鳥のように羽ばたきながら空を飛ぶ大型の鳥型飛行機の開発に、
>日本大学文理学部の中里勝芳教授(52)が成功、高度
>約100メートルまでの上昇飛行を記録した。

>機体は翼長3.3メートル、重さ2.6キロ。動力はエンジンで、無線で
>簡単な操縦ができる。厚みのある翼は釣りざおを軸に、上下両面を
>ポリスチレン製のシートで覆った。

>自ら羽ばたいて飛行するタイプでは「これほど大型サイズの成功例は
>聞いたことがない」と航空力学の専門家も評価する。「いつか人間の
>背中につけて飛べるようにしたい」と中里さんの夢は尽きない。

 すごいなぁ。本当にオーニソプター(羽ばたき飛行機)だ。いつか人が乗れるサイズのものが完成する日を楽しみにしています。
 ラピュタの空賊が乗ってたようなのならさらに好し。

|

« 南極 棚氷の下で続々新種見つかる | トップページ | ミリオネアの凄い映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/14083021

この記事へのトラックバック一覧です: 重さ2.6キロの鳥型飛行機の開発成功 翼は釣りざお:

« 南極 棚氷の下で続々新種見つかる | トップページ | ミリオネアの凄い映像 »