« ロケットに求められるのは高い信頼性:アリアンスペース社東京事務所代表ジャンルイ・クロードン氏インタビュー | トップページ | 今日の読了本『異形の惑星―系外惑星形成理論から』 »

2007/03/29

国産観測装置コンビ、ブラックホールからジェットが噴出する瞬間をとらえる

http://www.astroarts.co.jp/news/2007/03/29microquaser/index-j.shtml

>X線天文学は日本のお家芸で、5代目の国産X線天文衛星
>「すざく(ASTRO-E2)」は幅広い範囲のX線やガンマ線をこれまでに
>ない精度で観測できる。一方、ハワイに建てられたすばる望遠鏡は
>世界最大級の口径を持ち、一枚鏡の主鏡と優れた観測装置によって
>高精度の可視光・赤外線観測を実現している。
>日本が世界に誇る2つの装置が連携し、初めて同じ天体を同時に観測した。

 これは良いコンビネーション。この先の研究に大きな期待が持てます。

 あと、マイクロクエーサーのイメージ画像がスペオペライクに格好よい。

|

« ロケットに求められるのは高い信頼性:アリアンスペース社東京事務所代表ジャンルイ・クロードン氏インタビュー | トップページ | 今日の読了本『異形の惑星―系外惑星形成理論から』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/14454062

この記事へのトラックバック一覧です: 国産観測装置コンビ、ブラックホールからジェットが噴出する瞬間をとらえる:

« ロケットに求められるのは高い信頼性:アリアンスペース社東京事務所代表ジャンルイ・クロードン氏インタビュー | トップページ | 今日の読了本『異形の惑星―系外惑星形成理論から』 »