« アリクイに襲われ、飼育係の女性死亡 アルゼンチン | トップページ | ベルギーで『大脱走』―ヘリ使い映画さながらに脱獄 »

2007/04/16

サンシャイン2057

公式サイト

「イカロスは神話で高く飛びすぎて落ちちゃった人のことですね」
「なんでまたそんな不吉な名前つけたのよ!」
長谷川裕一『クロスボーンガンダム 鋼鉄の七人』

 2050年代を舞台に太陽がクライシスで宇宙船クルーが太陽を復活させるためにミッションと聞いて、予告も何もノーチェックで行ってきました。ダニー・ボイルの映像センス全快のオサレでできのいいクライシス2050。所詮クライシス2050。
 展開的にも考証的にも字幕(戸棚)的にも大きな破綻のない(小さいのはちょこちょこあった)良い映画でした。前半はな!

 後半の惨澹たる有様は、本当に前半の緻密な演出をやったのと同じスタッフが撮ったのかと思うくらいにその場しのぎの行き当たりばったりで泣けてきます。

 ところで、英文をチェックできるほど耳に余裕がなかったんだけど、中盤の「死にゆく星から新星が生まれる、ビッグバンだ」ってセリフは原文ではどうだったので?誰かこれから見に行く人がいたら確認よろしくお願いしたい。

<ネタバレ>
『おまえたちの報告はまだ不確実である。その仕事をやってのけたのはおそらくレンズマンであろう。その者は確かに知能的である。あらゆる出入り口の現在の開閉数記録番号と、お前たちがそれぞれの出入り口を開けた正確な回数を報告せよ』
E・E・スミス『銀河パトロール隊』

<ネタバレ>

|

« アリクイに襲われ、飼育係の女性死亡 アルゼンチン | トップページ | ベルギーで『大脱走』―ヘリ使い映画さながらに脱獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/14708977

この記事へのトラックバック一覧です: サンシャイン2057:

« アリクイに襲われ、飼育係の女性死亡 アルゼンチン | トップページ | ベルギーで『大脱走』―ヘリ使い映画さながらに脱獄 »