« 「殺人会社」を摘発=年200人が犠牲に-ブラジル | トップページ | 日曜洋画劇場の »

2007/04/14

花田一三六『戦塵外史2 八の弓、死鳥の矢』

『時の支配者に村を略奪され、すべてを失った男は、自ら村に火を放ち、狩人から暗殺者へその身を転じる。
八人がかりでようやく弦を張ったという強弓を携えて。
帝国の参謀、貴族院の筆頭を次々射抜いた彼は、最後の標的を「皇帝」と定め、漆黒の闇に包まれた城に潜入する……。
表題作「八の弓、死鳥の矢」の暗殺者を始め、「戦場の主」と畏れられた老傭兵、主君にその命を狙われる若く孤独な伝令兵など、戦乱の世を強かに駆け抜けた男たちの生き様を、花田一三六が卓越した筆致であますところなく活写した珠玉の短編集。
戦塵外史シリーズとしての復刊にあたり、特別に書き下ろされた「策士の弟子」も収録!』

……そうか、GA文庫はメイド文庫か。

 以前、角川から出ていたものの再販ですが、書き下ろしの短編一本が加わっています。同じシリーズの長編「大陸の嵐」のGA文庫での再販も決定しているようなので、このまま単行本未収録の短編も刊行していただきたい。

|

« 「殺人会社」を摘発=年200人が犠牲に-ブラジル | トップページ | 日曜洋画劇場の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/14683111

この記事へのトラックバック一覧です: 花田一三六『戦塵外史2 八の弓、死鳥の矢』:

« 「殺人会社」を摘発=年200人が犠牲に-ブラジル | トップページ | 日曜洋画劇場の »