« 本屋に行ったら、 | トップページ | 今月のマガジンZ »

2007/05/27

高橋葉介『夢幻紳士 迷宮篇』

 ハヤカワ版夢幻紳士最終巻。
 『幻想篇』『逢魔篇』とリンクした多層的構造。あとがきによると三部作になったのは最初からの予定ではないそうなのだけれど、改めて単行本でまとめ読みすると全体が綺麗にまとまった良い三部作でした。

|

« 本屋に行ったら、 | トップページ | 今月のマガジンZ »

コメント

高橋葉介さんの本って、凄く独特な絵なので大好きです。
「迷宮篇」で最後かぁ。

投稿: ふ~ちゃん | 2007/05/28 00:40

あの絵でナンセンスギャグからシリアスまでやっちゃうんだからすごいですよね。
次の新シリーズがいつどこではじまるのか、つぎはどんな夢幻魔実也に出会えるのか、いまから楽しみです。

投稿: Johnny-T | 2007/05/30 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/15224435

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋葉介『夢幻紳士 迷宮篇』:

« 本屋に行ったら、 | トップページ | 今月のマガジンZ »