« 松本零士『零士のメカゾーン』 | トップページ | ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」映画化へ? »

2007/05/23

電撃劇場文庫

『キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-』
『灼眼のシャナM』
『いぬかみっ! スペシャルエディション』

 先日、電撃文庫ムービーフェスティバルを見に行ったときに劇場で売っていた、映画を見て原作小説に興味を持った人向けお試し版短編集×3。
 それぞれがそれぞれに、初めてその作品に触れる読者への案内としてふさわしい中身だったのではないでしょうか。と、これで『灼眼のシャナ』『いぬかみっ!』を初めて読んだぼくが言ってみる。これなら本編に手を出しても良いかな、明日の帰りにでも古本屋を覘いてみよう。
 アンケートはがきがきちんと劇場文庫版になってたり、背表紙の分類番号が『げ―き―じょ』となっていたりとちょっとしたお遊びがあるのも心憎い。

『キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-』
 収録作品は『森の中で・b』『森の中で・a』『平和な国』が既刊からの再収録。
 スペシャルエディション版『優しい国』は電撃hp誌に収録されたバージョンで、3巻収録版の『優しい国』にたった10行ほどが追加されただけのものですが、この10行ほどのパワーは猛烈です。
 新規書下ろしが『キノがエルメスな話』で、キノとエルメスが入れ替わるというスラップスティックの定番みたいな話(実際起きる物事自体はギャグ調)ですが、「旅人」キノの生活・生存のための技術論みたいな部分もあって、見た目よりもかなり中身が濃いです。
 そして最後に、作者本人による各巻解説。
 ちなみに、裏表紙は『著者近影の旅』。ネタ精神豊富すぎるぜ!

|

« 松本零士『零士のメカゾーン』 | トップページ | ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」映画化へ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/15177208

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃劇場文庫:

« 松本零士『零士のメカゾーン』 | トップページ | ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」映画化へ? »