« かへ | トップページ | 寺田とものり『超鋼女セーラ』 »

2007/05/19

ロブ・ライアン『暁への疾走』

『ナチスの暴虐が席巻するフランス。そこに生きる二人の天才レーサーにイギリス情報部の密命が下った―その運転技術を駆使し、レジスタンス組織を援護せよ。名車ブガッティを駆り、強大な敵の手を逃れ続ける誇り高き男たち。だが組織に潜む裏切り者の手が迫っていた…。雄々しいロマンティシズムの脈打つ英国正調冒険小説』

 第2次世界大戦期、ナチス・ドイツ占領下のフランスを舞台に、イギリス生まれのお抱え運転手とフランス人の元パイロット、実在した二人のレーサーを主人公にした友情と愛の物語。実在の人物と実際に起こった出来事をもとにした、ノンフィクション・ノヴェル。
 疾走するブガッティを描いた表紙や裏表紙の解説を見ると、『二人の元レーサーが英国情報部の密命で、名車ブガッティ・アトランティックを駆って、対独レジスタンス活動を派手に展開。カーチェイスもあるでよ』的な印象を受けますが、レジスタンス活動は地味に目立たないようにきちんとやってます。きちんとやりすぎて、手に汗握るアクションシーンやレーサーの特性を生かして占領ドイツ軍との派手なカーチェイスinパリ市街みたいな展開はありません。このあたり看板に偽りありといえなくもないです、残念なことに。
 派手さはありませんが、友情と愛情とスパイとしての描写は本物です。オススメ。

|

« かへ | トップページ | 寺田とものり『超鋼女セーラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/15127101

この記事へのトラックバック一覧です: ロブ・ライアン『暁への疾走』:

« かへ | トップページ | 寺田とものり『超鋼女セーラ』 »