« フルハウスの出演者「過去と現在」比較映像 | トップページ | 仕事帰り、 »

2007/06/29

ゲーマーズフィールド11-5

公式サイト

・天羅WARクロニクル
 ワティ将軍がイカレポンチすぎてステキ。抱いて。
 ロケットレンジャーズのサバイバビリティ高すぎ。

・ようこそ冒険の宇宙へ(スターレジェンド)
 ローラファミリー大集結。こういうキャラクターだったのかローラ・イチロー。そしてジローの秘密能力にコーヒー吹いた。

……斬新な超能力の使い方とな?

・くいすた
 高見先生のキャラクター造形はずるいよね。思わず応援してしまう。がんばれ社会人ゲーマー。ぼくもがんばる。
 「もう一本とな」とかセッション終了後の蕩けきった表情とか……畜生、可愛いな。
 あれだ、性欲をもて余す。

|

« フルハウスの出演者「過去と現在」比較映像 | トップページ | 仕事帰り、 »

コメント

エッチに超能力を使うというネタは、過去のSFでもそれほど数はありません。

 小松左京さん……平井和正さんだったかな? のSFでは、スパイ活動においてテレパシーで情報を運ぶ娘さんが登場しますが、このテレパシーはエクスタシー時にのみ発動するので、主人公は情報をもらうために毎回エッチをしなくてはいけません。SF版ジェームズ・ボンドですな、これは。

 そのものずばり、エッチに超能力を使うというネタでは、『魔法少女リリカルなのは』原作者の都築さんが描いたエロコメ漫画があります。
 この作品では、超能力者の少年が、年上の少女(一般人)とはじめてエッチをする時に、超能力で彼女の痛覚を遮断して破瓜の痛みを和らげたり、互いの快感を共感能力で伝え合って高め合うなどのほのぼのな展開がありました。

 この手のネタは、藤原カムイさんや寄生虫さんがエロ漫画を描いていた『漫画ぶりっこ』とかでけっこう多かったように思います。ウィットやトンチの利いた話になって実用性が下がるせいか、最近はあまり見かけないですね。

投稿: 銅犬 | 2007/07/05 13:06

 おお、具体的な解説ありがとうございます。

>テレパス・クーリエ

 それは実にひどいセクハラですな。じつにけしからん(*゚∀゚)=3 ムッハー とりあえず、古本屋に行って和物古SFのコーナー漁ってきます!
 いまだに読んだことはありませんが噂に聞く『エスパイ』というヤツかしら?

>都築さんが描いたエロコメ漫画

 む、それは読んでみたいけれど同人誌ですか?とりあえずタイトルだけでも教えていただけますか、友達の本棚を漁りに行くので。

>『漫画ぶりっこ』

 80年代の雑誌なんてし・ら・ねぇー!!(長谷川裕一っツラで)
 って、

>藤原カムイさんや寄生虫さんがエロ漫画を描いていた

 ううん、いいなぁ、読みたいなぁ、うらやましいなぁ。どうしてぼくは若造なのかなぁ、悔しいなぁ。

投稿: Johnny-T | 2007/07/08 22:34

都築さんのエロコメ漫画

 タイトルを忘れていましたが、いやあ、世の中にはまとめサイトとかがあって便利です。

『NAKED MIND』ホットミルク98年4月号(コアマガジン)

 これですね。
 さすがにこの雑誌は読んだ後捨ててますので。私も脳内ライブラリで読み返す以外にありませぬ。

投稿: 銅大 | 2007/07/09 21:46

>『NAKED MIND』ホットミルク98年4月号
 素早い回答ありがとうございます。週末にでも友人のエロ雑誌箱を漁りに行ってきます。

投稿: Johnny-T | 2007/07/10 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/15598001

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーマーズフィールド11-5:

« フルハウスの出演者「過去と現在」比較映像 | トップページ | 仕事帰り、 »