« 嘘屋FCの会報が届いてた | トップページ | 月周回衛星セレーネの愛称は「かぐや」 »

2007/06/05

新創刊のルルル文庫で

 タニス・リーの新作が出版されていると聞いて、早速仕事帰りに本屋へGO!

……駄目、売り場に近づけない!恥ずかしくって近づけない!ルルル文庫がルビー文庫の親戚だなんて聞いてませんよっ!畜生、これ何のバツゲームよ!?

 ええと……その、アレだ。これはきっとまず手元の「銀色~」を読み終えてから次の本に手を出すべしという神様のメッセージなんだ。きっとそうだ。(どっちにせよ最終的にあの空間に立ち入らにゃならんことに変わりはないんだぜ?)

|

« 嘘屋FCの会報が届いてた | トップページ | 月周回衛星セレーネの愛称は「かぐや」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/15328814

この記事へのトラックバック一覧です: 新創刊のルルル文庫で:

« 嘘屋FCの会報が届いてた | トップページ | 月周回衛星セレーネの愛称は「かぐや」 »