« 幅20メートルの巨大クモの巣を発見 テキサス州立公園 | トップページ | かなしい地球儀 »

2007/08/31

期待の複葉機映画×二本

ネタ元:複葉機の世界コミュ(mixi)

・FLYBOYS
公式サイト

 第一次世界大戦時のアメリカ義勇兵部隊ラフィエット航空隊を題材にした映画。メインの登場人物はみんな架空人物かな?
 主人公の搭乗機体はニューポール28。フランス製だけれど、色々あって(同じ時期にスパッド戦闘機が参戦していて、そっちのほうが性能がよかった)製作されたほぼ全機がアメリカに納入された機体。バランスのよい機体だけれど、やや駄っ作機(急降下中に上翼の羽布がはがれたりする)。
 敵役たるドイツ機は定番フォッカー三葉。コミュで紹介されていた感想サイトによるとゴータ重爆撃機も登場するらしい。

 11月から公開ですが、福島に来てくれるかしら?


・The Red Baron
公式サイト
トレイラー

 これ見たい!すごい!
 トレイラーの冒頭、フォッカー三葉のエンジンをかけるシーン。よくみたらエンジンもきちんと回ってますよ!(当時使われていた空冷星型エンジンは冷却の為にプロペラと一緒に回る)
 複葉機らしい空戦の描写も実にいいぞぅ。
 バルーンエプロン(閉塞気球をワイヤーでつないだもの。低空を進入してくる敵機を妨害するために使用する)を信号弾で燃やすところとか素晴らしすぎる。
 本国でも封切前のドイツ映画なので、日本で上映してくれるかどうかが最初の難関だなぁ。

 タイトルの通り、80機を撃墜した第一次世界大戦最高のエース、“レッドバロン”マンフレート・フォン・リヒトホーフェンを題材にした映画です。キャストの二番目がウェルナー・フォス(実在のエース)なあたりからしてロマンス風味は薄そうで、このあたり上の映画と対照的ですね。
 登場人物にイギリス軍のR・A・ブラウン大尉(やっぱり実在のカナダ人。リヒトホーフェンを撃墜した人物。ただし、リヒトホーフェンの撃墜は地上部隊の対空砲火によるものだという説もある)がいるということはリヒトホーフェンの死亡までの話なんだろうなぁ。どう料理するのか楽しみ。

 日本公開してくれるといいなぁ。


 『FLYBOYS』も『The Red Baron』も航空機はどのあたりまで登場するのかしら。色々登場してくれると嬉しいなぁ。

|

« 幅20メートルの巨大クモの巣を発見 テキサス州立公園 | トップページ | かなしい地球儀 »

コメント

ゴータでてきますよ(◎´∀`)ノ
あとred baronはあまり戦闘シーンはないですよ
でも十分たのしかったです。
ひとつひとつのシーンが濃密なので退屈はしなかったです

投稿: 飛行機野郎 | 2010/07/15 18:29

『The Red Baron』見られたんですか。うらやましい。妬ましい。うらやましい。
>あまり戦闘シーンはないですよ
シーンを減らして描写を濃密にということなのかしら?いいなぁ。見たいなぁ。

投稿: Johnny-T | 2010/07/15 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/16300216

この記事へのトラックバック一覧です: 期待の複葉機映画×二本:

« 幅20メートルの巨大クモの巣を発見 テキサス州立公園 | トップページ | かなしい地球儀 »