« 労働人口が減少する日本、解決策はロボット | トップページ | 今日の読了本『世界平和は一家団欒のあとに3 父、帰る』 »

2007/09/30

神経細胞を仮想環境に接続――「意識」は生まれるか

http://wiredvision.jp/news/200709/2007092823.html

 ほう、これは面白い。ちょっとSFチック。ちょっとゴセシケな感じ?

>われわれの目標は、人間と同程度の意識を持ったものを作ることではない。
>われわれは、学習と記憶の基本的なメカニズムについて研究しているのだ

 そういえば、記事とはまるで別の話になりますが、一昔前にコンピュータネットワークによって構成された擬似的なシナプス回路に意識が宿ってうんぬん~的な作品がちょっと流行ったことがあったけれど、実際の人間の意識・感情はネガティブフィードバックだのなんだのが密接に関わってくるので、単純に回路と電流だけでは再現できないんだそうですね。
 個人的には、一定以上のレベルの複雑系については、それが人間の感情をエミュレートしてるだけなのか、それとも実際にそれが感情を持ってるのかの区別なんてつけられるものなのかしら?と思いますが。十分に発達した中国語の部屋は知性と区別がつかないよ、多分。

|

« 労働人口が減少する日本、解決策はロボット | トップページ | 今日の読了本『世界平和は一家団欒のあとに3 父、帰る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/16624447

この記事へのトラックバック一覧です: 神経細胞を仮想環境に接続――「意識」は生まれるか:

« 労働人口が減少する日本、解決策はロボット | トップページ | 今日の読了本『世界平和は一家団欒のあとに3 父、帰る』 »