« 今日の読了本『狼と香辛料V』 | トップページ | 『ギャラクシーファイト』と、『わくわく7』の2タイトルが収録された『サンソフトコレクション(仮題)』が発売 »

2007/10/06

ジャック・ヨーヴィル『ベルベットビースト』

1991年/翻訳:待兼音二郎、矢野真弓、木暮里緒/HJ文庫G
『アルトドルフの市街はにわかに騒がれている連続殺人鬼"ビースト"の話題で持ち切りだった。しかも、ビーストの正体は貴族だというのだ。民衆の不安と不満は、扇動家エフィモヴィッチによって暴動にまで発展していく。熱血漢の警備兵エルゼッサー、残留思念を念視する心霊鑑定者ロザンナ、正義の人、フォン・メクレンベルク男爵、出世より信念に生きる男、ダーティ・ハラルドは混乱の帝都で"ビースト"事件の捜査に乗り出す。混迷する捜査の果てに彼らが見た真犯人とは……? 』

 シリーズの通し番号としてはウォーハンマーノベルの第三作ということになっていますが、時系列的にも発表順的にも二番目の『吸血鬼ジュヌヴィエーヴ』より前の話なのでこちらを優先。『ベルベットビースト』ではジュヌヴィエーヴが完全に脇役だからこういうナンバーの振り方になったのかな?

 内容はまさにオールドワールド版切り裂きジャックVSダーティ・ハリー
 霧に包まれた都アルトドルフで起きる連続殺人事件。女性ばかりを狙う殺人鬼を追うのは信念に生きる警備隊長“ダーティ”ハラルド。胸に輝くコップ(銅)のバッヂ、その手に握るは大業物のマグニン投げナイフ。
 まあ、本来PC3・PC4のはずの心霊鑑定者ロザンナと新米警備兵エルゼッサーの方が目立ってね?とか、そもそもPC1は『ドラッケンフェルズ』から継続登場のヨハン・フォン・メクレンベルグ男爵だよね?とかは気にしない方向性で。

 相変わらずの多人数の視点が絡まるニューマン…じゃなかったヨーヴィル調。様々な立場、思惑のキャラクターたちが絡み合いながら謎を解いていく、群像劇としても異世界ミステリとしてもかなりいい感じです。

|

« 今日の読了本『狼と香辛料V』 | トップページ | 『ギャラクシーファイト』と、『わくわく7』の2タイトルが収録された『サンソフトコレクション(仮題)』が発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/16680017

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ヨーヴィル『ベルベットビースト』:

« 今日の読了本『狼と香辛料V』 | トップページ | 『ギャラクシーファイト』と、『わくわく7』の2タイトルが収録された『サンソフトコレクション(仮題)』が発売 »