« ゆとりって魚が切り身の状態で泳いでると思ってそう | トップページ | カストロ議長「君と僕は悪の枢軸」、チャベス大統領と会談 »

2007/10/15

クトゥルフ小説は「窓に! 窓に!」だけじゃない(そっちはそっちの気晴らし、こっちはこっちの気晴らしさん)

http://d.hatena.ne.jp/Epikt/20071012#1192199178
ネタ元:日々是魚を蹴るさん

そろそろけりをつけてしまおう。ドアが音をたてている。何かつるつるした巨大なものが体をぶつけているかのような音を。ドアを押し破ったところでわたしを見つけられはしない。いや、そんな!あの手は何だ!窓に!窓に!

 いわれてみればたしかに「死ぬまで手記」ものの具体的なタイトルなんてあげられないよなぁ。勝手に定型のイメージを持ってたようです。反省。
 ちなみに、上にも引用したオリジナル「窓に!窓に!」の出展はH・P・ラヴクラフトの短編「ダゴン」。東京創元社のラヴクラフト全集だと三巻に収録。

関連:ファンの拡大解釈や誤解で勝手に定着したキャラのお約束(身辺雑感さん)

|

« ゆとりって魚が切り身の状態で泳いでると思ってそう | トップページ | カストロ議長「君と僕は悪の枢軸」、チャベス大統領と会談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/16772544

この記事へのトラックバック一覧です: クトゥルフ小説は「窓に! 窓に!」だけじゃない(そっちはそっちの気晴らし、こっちはこっちの気晴らしさん):

« ゆとりって魚が切り身の状態で泳いでると思ってそう | トップページ | カストロ議長「君と僕は悪の枢軸」、チャベス大統領と会談 »