« 山形の板垣さん、明るくなる途中の超新星を発見 | トップページ | 佐藤明機『パラダイスバード』 »

2008/01/29

一番「真っ黒」な物質=米チーム開発、ギネスに申請

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000013-jij-soci

>人工で最も黒い物質を開発したと、米レンセラー工科大とライス大の
>研究チームが、28日までに米科学誌ナノ・レターズに発表した。
>筒状炭素分子、カーボンナノチューブ(CNT)を特殊な方法で
>配列させた薄膜で、光の全反射率はわずか0.045%。
>ギネスワールドレコーズ(旧ギネスブック)にも申請した。
>光をより吸収するため、太陽発電の効率向上などに応用できるという。
>通常の黒い塗料の光の全反射率は5~10%で、これまで最も黒い物質と
>されたニッケル・リン合金膜は、0.16~0.18%。研究チームは、CNTを
>ブラシ状に垂直に配列し、その際、密度を低くしたほか、表面がある程度
>乱れるよう工夫して、光の反射を極めて低く抑えた。

 へぇー!?
 反射率0.045%という驚異的な成果を出した研究内容にも感心しましたが、それよりもギネスブックが「一番黒い物質」なんとことまで記録してることの方にビックリ。

|

« 山形の板垣さん、明るくなる途中の超新星を発見 | トップページ | 佐藤明機『パラダイスバード』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/17893390

この記事へのトラックバック一覧です: 一番「真っ黒」な物質=米チーム開発、ギネスに申請:

« 山形の板垣さん、明るくなる途中の超新星を発見 | トップページ | 佐藤明機『パラダイスバード』 »