« 「アンドロメダの涙」の正体、8億年前に衝突した銀河の残骸 | トップページ | ドラゴン社 1/35:グルジア人部隊ノルマンディー1944 情景ディオラマ ¥840  »

2008/03/27

NASAの火星探査車、予算削減で運行中止か

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200803250021.html

>火星の地表で観測を続けている米航空宇宙局(NASA)の無人探査車
>2機のうち、1機が予算削減のため運行中止に追い込まれるかもしれない。

>火星地表探査車プロジェクトのスティーブ・スキアーズ主席調査官は
>CNNに対し、現在活動中の探査車「スピリット」と「オポテュニティ」の
>うち、「スピリット」の運行を中止することになるだろうと語った。
>プロジェクト予算2000万ドルのうち、400万ドルが削減されるのが
>原因だという。

>スキアーズ氏は、2009年度の予算も800万ドル削減される
>見通しだと聞いていると語った。

 畜生!やっぱり最大の敵は予算か!

>しかしNASA広報によると、CNNがこのニュースを報じた後間もなく、
>NASAのマイケル・グリフィン長官は、火星探査車のうち1機の運行を
>中止する予定はないと述べたという。

 たのむよグリフィン長官。あんたが頼りだ。

>スピリットとオポテュニティは、NASAが8億ドルをかけて建設し、
>2004年1月に相次いで火星に着陸。かつて海があった痕跡を
>見つけるなどの成果を上げ、4年以上たった今も岩石や土壌の
>調査を続けている。

|

« 「アンドロメダの涙」の正体、8億年前に衝突した銀河の残骸 | トップページ | ドラゴン社 1/35:グルジア人部隊ノルマンディー1944 情景ディオラマ ¥840  »

コメント

もう火星についてるのに、何に100万ドル単位の予算が必要なんでしょうね?

投稿: おぞん | 2008/03/29 17:31

 なんといっても、近いときでも5000万km、遠いときなら1億kmというべらぼうな距離にある惑星ですから。
 探査機の操作に、機体や通信機器の管理・メンテナンス、送信されてくるデータの整理・分析、なにをやるにしても、人手や出力や精度に地球上とは比べ物にならないパワーが求められるのです。

投稿: Johnny-T | 2008/03/31 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/40659548

この記事へのトラックバック一覧です: NASAの火星探査車、予算削減で運行中止か:

« 「アンドロメダの涙」の正体、8億年前に衝突した銀河の残骸 | トップページ | ドラゴン社 1/35:グルジア人部隊ノルマンディー1944 情景ディオラマ ¥840  »