« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

デイヴィッド・ウェーバー『反逆者の月2』

1993年/翻訳:中村仁美/ハヤカワ文庫
『地球総督となったマッキンタイアは、侵攻を開始した怖るべき異星生命体アルチュタニの巨大艦隊から地球を守るため、巨大戦艦ダハクを駆って、銀河中心部に存在するはずの銀河帝国に救援を求めるため旅立った。だが最初に訪れたシェスカー星系で目にしたものは、完膚なきまでに破壊された惑星の姿だった! 刻々と地球へと迫る300万隻を超えるアルチュタニ艦隊。果たして、帝国は今も存在するのか? 地球の命運はいかに? 』

 ああ、面白かった。この一言に尽きます。
 今回は、地球に迫る謎の敵アチュルタニから地球を守るために帝国に救援要請に旅立ったコリンたちの旅と、地球に残ったメンバーの地球人類の総力を結集した死闘が描かれます。

「……現状はケースオメガに該当する。必要な措置を講じてくれ」

 予想を上回る、実にひどい展開に吹き出しましたよ。
 帝国が滅亡してるのもコリンが戴冠するのもなんとなく予想の範囲内でしたが、その過程があまりにも予想外。こんなアンチクライマックスな戴冠式見たことねぇ!

 三部作だということは知っていたから、てっきりこの巻はアルチュタニの先遣艦隊との闘いとコリンの帰還まで終わって、本格的な闘いが最終巻で描かれると思っていました。まさかこの巻でその先までやってしまうとは!?

「後続の本隊とは、おそらく正面から戦うしかないだろう。われわれの側の艦、七十八隻に対して、敵は百二十万隻――比率にしておよそ一万五千対一だ」

 この圧倒的な敵に対して彼らはどう戦い抜くのか?サバ読むなコノヤロー!?
 一巻でもそうでしたが、逆境に陥ったときの主人公たちはじつにクレバー。自分たちがなるべく負けないような算段をした上で、その上でたとえこの戦闘で自分たちが全滅したとしても自陣営がゲームオーバーにならないように手を打つ。そこにしびれるあこがれる。

 そして、最終戦でのヒロイン・ダハクの活躍が泣かせます。こうなると分かっていてもやっぱり泣けるもんは泣けるんだよ!
 500ページ越えの厚さですが、一巻と併せて読む価値のある本です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウィリー(←ジャックナイフだそうです)するホイールローダー(ニコニコ動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2826806

 重機で無茶すんなー!?
 まったくコマツのテクノロジーは世界一じゃのう。さすがはリアルレイバーに一番近い企業じゃぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赫炎のインガノックを読了したし、感想も書いたので、

 ネタバレの不安もなく安心して2ch嘘屋スレと作品別スレの過去ログ(11月から放置)をちまちま読んでます。
 すごいなぁインガノックバブル(?)大量に人が流入してきてまるで嘘屋スレじゃないみたいだ。

……いやちょっと、さすがに速度早すぎだって!一月かからずにスレ消費とかまともじゃないよっ!?ここは嘘屋スレなんだぜっ!?(暴言)
 不安になって最新スレのナンバー確認しちゃいましたよ。よかった、無事に減速してる。これなら二・三日で追いつける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/29

今日の読了本『反逆者の月2』『アリアンロッド・リプレイ・ハートフル5 約束のアンサンブル』

・デイヴィッド・ウェーバー『反逆者の月2』
・久保田悠羅『アリアンロッド・リプレイ・ハートフル5 約束のアンサンブル』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赫炎のインガノック~What a beautiful people~

公式サイト

「血も涙もないヤツはシアトルに行きな。今回は人情話だ。依頼なんかあるわけないだろ。困ってる女の子が目の前にいたら助けるんだ。そいつがストリートの掟だからな」
──ストリートの警句?

 クリアからずいぶん経ってしまいましたが、赫炎のインガノックの感想レポートです。感想を書きながらプレイしなおし読み返してたらえらく時間が経ってしまいました。でもまだ書き足らないまとまらない。とりあえず埒が明かないので多少なり形になったところだけでもアップするものなり。

 1週目だってそれなりに時間をかけて読み込んだつもりではいたんですが、読み返してみると伏線や心情描写についての新しい発見があとからあとから出てきます。特に41の数字や老師イルとランドルフの言葉、彼と彼女の関係。ここではかけないあれやこれや。
 文章の使い方がずるいくらいに上手いなぁ。

──誰かが夢見た世界。
──いつか夢見た世界。
──けれど、こんなにも猥雑で、残酷で、憂いに満ちて。
──眩しいほどに輝いて。

 あらゆるものが異形と化した多重積層型蒸気機関都市インガノック。
 突如都市を襲った《復活》と呼ばれる原因不明の災厄によってこの世の地獄と化した異形都市。もはや人を救うことに意味を持たないこの積層都市で、それでも誰かへとひたすらに手を差し伸べ続ける巡回医師ギーの物語。

 それは数式医。それは巡回医師。
 すでに都市での絶望を知っているはずの男。

 徹頭徹尾「手を伸ばし続ける」ことにこだわった、壮大で美しいおとぎ話。
 作中にちりばめられた謎や伏線が見事に終局に向かって収束していくさまはじつに見事。本当にきれいでした。全ての登場人物が愛しい。
 テキスト自体が本当に良く練りこまれています。一定のルールを持った規則正しい文体で、同じ表現を何度も使うことが、こんなにも深い表現方法になるとは思いませんでした。これは文字を読むのを好む人にはぜひ触れて欲しい。

 また、本文とイラスト音楽の組み合わせが作り上げる、異形都市インガノックの雑然とした雰囲気がたまりません。
 冒頭の小ネタ(血も涙もないヤツはシアトルに──)でもちょっと触れましたが、用語やガジェットを見る限り、かなりメインに近い部分に小説ニューロマンサーやTRPGシャドウランをはじめとするサイバーパンク作品の影響があるのは間違いないのですが、いわゆるオーソドックスなサイバーパンク(それは『パンク』であるのかという話はとりあえずわきに置く)的なイメージからはかなり外れています。ガジェット自体はスタンダードなものばかりだというのに、歯車の音とオイルの匂いがするようにすら感じます。
 この独特の都市の風景を空気として感じられるっていうのが本当に素晴らしい。あんな地獄みたいな街なのに、移住したくなってしまうほどだもの。


<以下ネタバレ>

続きを読む "赫炎のインガノック~What a beautiful people~ "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インガノックWEBノベル第4回「After the Inganock 02」

http://www.liar.co.jp/inganock.html

 ああ、いい笑顔ができるようになったんだなぁ。
 彼女もだけど、彼も元気にやっているようでよかった。しっかりツンツンデレデレしていやがるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイアボール第三話『イルカが飛んだ日』

http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/

 早くも第三話。カンザスに帰りたい。カンザスに帰りたい。カンザスに帰りたい。
 相変わらず二人の会話のテンポ、言い回しが絶妙。「それみたか」なんて久しぶりに聞きましたよ。

人巣人 <ぶっちゃけおっけてぃんぐー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

マガジンZネット別冊『Z∞』:ジャバウォッキー Buck&Dick 1

http://www.kodansha.co.jp/zhp/zooindex.html

世界文学史に冠たる「白鯨」の主役モビー・ディックは有史前の巨獣だった!? 謎の船舶保険詐欺事件を追う直立恐竜と元女スパイのコンビ──サバタ&リリーの前に明らかになる陰謀とは? シリーズ初の海洋アクションが炸裂する!!

 今月からYahoo配信になるからみで、白鯨編の最初からもう一度再配信なのだそうです。読み逃していた人は再読のチャンスですだよ。
 むうん、それにしても「さあ闘いだ!(声:政宗一成)」なところで引きっぱなしとはなんという焦らしプレイ。
……(ひのふの)6月発売予定の5巻にリンクする辺りで続きかな?月2回配信だからもうちょっと早いかしら?

 とにかく楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ameriquest Surprise Dinner Commercial

http://www.youtube.com/watch?v=6akkSQZH5Hk
ネタ元:ファイアボールスレ

 ぎゃー!?なんというホラー!?なんという危険人物!?

……で、これなんのCMなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRPGトラベラー動画

http://jp.youtube.com/watch?v=1iWehLi_4ug
元サイト:Traveller 3D - Science Fiction Art in the Far Future
ネタ元:トラベラースレ

 おおー、設定そのままの宇宙船が動いてるー。

 このサイズ比較表を見てるとワクワクしてきます。
 A型自由貿易船(総排水素200トン)小さいよなー。偵察艦はさらに小さいもんなぁ。きっと通路ですれ違うのも大変なんだろうなー。とか妄想するとワクワクしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/27

二次元ドリーム文庫・二次元ドリームノベルズなどの

 エロライトノベルで知られるキルタイムコミュニケーションがライトノベルではない官能小説レーベル『リアルドリーム文庫』を始めるそうです。つっても、オフィシャルサイトにもオフィシャルブログにも、特に告知はないんだけれども?
 えーと、この話が本当だとして、先発のおフランス書院辺りとの差別化はどういう方向性でつけるのかしら?「二次元エンド」にかわる新たな伝説を生み出せるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイアボール

http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/

40,000年を超える2分間

 ブックマークだけしてほっといてたディズニー新作アニメ。やっと見ましたが、見て大後悔。何でこれをずっとほったらかしていたのか!と。
 いいなぁ、このいかれた超未来。すっとぼけた日常ものと妙に黒い世界観が両立してるのが素晴らしい。

 冒頭に表示される年号をよく見ると第一話と二話の間で16年も経ってる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/04/26

今日の読了本『飛行士たちの話』

・ロアルド・ダール『飛行士たちの話』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「培養肉」の開発研究に賞金100万ドル 動物保護団体

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200804240032.html

>動物保護団体のPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)は、
>本物の鶏肉と変わらない味の食肉を研究室で開発した研究者に
>100万ドルの賞金を贈ると発表した。

>PETAによれば、動物の肝細胞を培養して食肉を作る研究は既に
>始まっている。米国では毎年400億匹以上の鶏、魚、豚、牛が
>「恐ろしい手段」で殺されているとPETAは主張。こうした
>状況から動物たちを救うため、研究を支援することにしたという。

 うは、BMネクタールフラグキタコレ!?
 むしろ、いまこそソイレント緑の出番ですかっ!?
【どっちもダメだろう】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/25

川﨑康宏『ガッツ&ブラッド ~蒸気帝国騒動記~』

『「なんか帝都を揺るがすような大事件はないかな……」
かつて近衛騎士団に所属していたハイデマリー・コス。ひょんなことから田舎騎士団の副長を命じられた彼女は、なんとか功を立てて近衛騎士団へ復帰したいと目論んでいた。
団長が病で寝込むなか、団員ふたりと帝都へ向かった彼女は、偶然クーデター騒ぎに遭遇する。これは好機と姫殿下の御身を守り、手柄を挙げようとしたハイデマリーだったが、欲望渦巻く帝都の人々の、政略レースや片想い、はたまた人質奪還の思惑まで加わって、事態は思わぬ方向へ――!?
蒸気機械世界で繰り広げられる、抱腹絶倒スチームパンクコメディ! 』

 スラップスティック・スチームパンク『ガジェット・ポップ ~蒸気帝国騒動記~』の続編。相変わらずの川﨑節。問答無用のドタバタ物語。
 主人公は前作の活躍で田舎騎士団への左遷を喰らったハイデマリー・コス嬢。この川﨑作品一ベソかきツラの似合う女性騎士が近衛騎士団への復帰のために手柄を立てようと大暴れ!!(もちろん上手くいかない)

「手柄を上げることが重要なんだ。内容は何でもかまわん」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『速水螺旋人の馬車馬大作戦』発売日決定

ネタ元:ご本人のブログ

 ついに発売日が確定したようです。イカロス出版から1429円で5月10日発売。
 アームズマガジンで連載されていたミリタリーネタのコラム&コミック「馬車馬戦記」をはじめとして、ボードゲームやテーブルトークRPGのリプレイコミック、その他もろもろが収録されているこの一冊。非常に楽しみです。


 ところで、これを見て欲しい。どう思う?
……いや、上三つは分からないでもないんだけど……いや、三番目とかもかなりアレだけどさ……

 何でギャロップタイプなんだ?馬車馬だからとか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マップスネクストシート第16話 カネコ・ニテルに花束を

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

その強大な力で宇宙大学「マナ・ヴィーナ」を支配している「第三学部長」ネサガ・ダンサの野望が明らかに! やつを止められるのは……そう! おれたちのヒーロー、金子二輝だけだ!! ……え? コンパスだって!? いまそれどころじゃないから、そっちはそっちで勝手にやっててくれ!

 なんという壮絶な展開!?ぼくの心までズギューンとやられてしまいそうだよ。ズギューンと!
 今回のシリーズはあおり文句入れてる人もノリノリだなぁ。「金子が止まりません。誰か何とかしてくれえ!」とか「次回から新展開!ああよかった」とか。
 次のエピソードも楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hog Wild Manual Bombing

ネタ元:飛行機好きコミュ(mixi)

何のために生まれた!?
――A-10に乗るためだ!!
何のためにA-10に乗るんだ!?
――ゴミを吹っ飛ばすためだ!!
A-10は何故飛ぶんだ!?
――アヴェンジャーを運ぶためだ!!
お前が敵にすべき事は何だ!?
――機首と同軸アヴェンジャー!!!
アヴェンジャーは何故30㍉なんだ!?
――F16のオカマ野郎が20㍉だからだ!!
アヴェンジャーとは何だ!?
――撃つまで撃たれ、撃った後は撃たれない!!
A-10とは何だ!?
――アパッチより強く!F-16より強く!F-111より強く!どれよりも安い!!
A-10乗りが食うものは!?
――ステーキとウィスキー!!
ロブスターとワインを食うのは誰だ!?
――前線早漏F-16!!ミサイル終わればおケツをまくるッ!!
お前の親父は誰だ!?
――ベトコン殺しのスカイレイダー!!音速機とは気合いが違うッ!!

我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!
我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!
我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!!



 A-10つえー!チャフとかすげー!(頭の悪い中学生っツラで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/22

“R.U.R.U.R ル・ル・ル・ル”がPS2に移植。“R.U.R.U.R ル・ル・ル・ル -petit prince-”

http://www.light.gr.jp/light/products/rurur_cs/index.html
ネタ元:エムさんの日記(mixi)

 ウィ、ムシュー!ウィ、ムシュー!(おお、めでたい!)

 昨年度ナンバー1SFエロゲの座をショーグン8、続殺戮のジャンゴと争った名作がコンシューマー移植!!
 「最新宇宙理論を完備」はいいとして、「感動のグランドエンド」というのはPC版の総合エンディング『夜間飛行』とは別のものだったりするのかな?『夜間飛行』以上のものを用意するのは難しいと思うけれど。
 全年齢対応となればシナリオも大幅に改編されにゃならないわけなのですが、どこまでもとのテイストを生かしてくれるんだろうか?元々のシナリオできちんと意味があったセックスが排除されたらシナリオ自体が成立しなくなってしまうわけで、特にシロねえやコバトムギ先生のルート、それにポップコーン!ポップコーンオナニーはこの物語に必須のシーンですよ!?(100%本気。テクスチャーのバカさと対照的に人間のいない未来世界の描写として素晴らしいものだと思う。あとエローイ!)
 ポップコーンを含めたあの超未来ならではの“伝わり損ねた”文化の描写や「みやびやかな言い回し」も大幅に改変されてしまうのかなぁ。むしろあれらこそがこの物語のキモだと思うのだけど。
 うーん、今のところちょっと不安の方が強いかもだ。どうか良いほうに働きますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーGX公式 ブラック・ラグーンキャラクター人気投票

http://www.websunday.net/gx/blacklagoon/

 なんかこう、ニトロプラス並みに人気=戦闘力な結果になりそうな気がしますよ。とりあえず、バラライカ姐さんの一位は動くまいて。
 さて、ぼくは誰に投票しようかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英国】麻薬捜査・精鋭部隊が早朝に窓ガラスを破って急襲→お茶を飲むおばさん「何?」→「ごめん、家間違えたみたい…」

http://milfled.seesaa.net/article/94203340.html
ネタ元:イヤ展スレ

 これはひどいまるでモンティパイソンだよ。


  \ まさかの時のイギリスの特殊部隊! /
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
      ∧ ∧  _丿⌒|_   o=oヽ
      (゚ー゚*)   (゚∀゚*)   (゚ー゚∪
      ノヽ~ノヽ  ノヽ~ノヽ   ノヽ~ノ゛ヽ,
     ん †  ) ん †  ) ん †  )
      丿 八 ゝ 丿 八 ゝ  丿 八 ゝ
       U~U    U~U    U~U

 いまお茶を飲んでいた奴、安楽椅子の刑だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/21

今日の読了本『メグとセロンI 三三〇五年の夏休み <上>』

・時雨沢恵一『メグとセロンI 三三〇五年の夏休み <上>』
『ルックスも頭も良くて女子に大人気のセロンと、可愛くおとなしそうで実は正義感あふれる天然系(?)のメグを中心に、個性豊かな仲間たちの、恋あり、友情あり、ミステリーあり、のドキドキハラハラワクワクドタバタ学園物語がスタート!夏休みに入ってすぐ、親友・ラリーの誘いで、演劇部の合宿(手伝い)に参加したセロンは、メグも合宿に参加していることを知る。なんとか親しくなれないかと苦心するセロン。そんな中、学校敷地内にある、今は使われていないはずの古い倉庫の地下に、謎の人物(?)が潜んでいるらしいことを知る。セロンは、ラリーやメグを含んだ仲間たちと倉庫探索に乗り出すが―!?時雨沢恵一&黒星紅白が贈る『アリソン』『リリトレ』に続く、待望の新シリーズ、第1弾!』

 『リリアとトレイズ』シリーズの主人公リリアの親友メグの周辺で起きた出来事を描くスピンオフ。スピンオフシリーズが出るならまず『小生意気なガキ』の話からかなと思ってました、ちょっとビックリ。
 時系列的には『リリアとトレイズI・II そして二人は旅行に行った 』で、夏休みを利用してリリアとトレイズが旅行に行ったのと同じ時期に、メグが巻き込まれた“事件”の話。夏休み中の学校を舞台に六人の学生たちが謎に挑む。いわば「ロクシアーヌク上級学校白書」(語呂悪いね)
 来月発売の後編が楽しみ。

 なんと今回は銃も飛行機も出てこないぞ!(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアニッシモ VOL.2(主に佐藤明機のパラダイスバード)

 やっとこ購入。出てるのをすっかり忘れてました。なんか季刊だという思い込みがあって。
 それにつけても佐藤明機のパラダイスバードは二話目にして早くもお風呂話。じつに素晴らしいですが、掲載雑誌的にいいものかしら?女性向け雑誌よね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

今日の読了本『中世のパン』

・フランソワーズ・デポルト『中世のパン』
 タイトルの通り、中世フランスにおけるパンの、時代ごとの流行り、作り方や販売方法、価格、重量、国の関わり方、パン屋の仕事内容まで、「日々の糧」を通してその時代のありようを探る本。データは豊富かつ具体的で、用語解説や脚注にも力が入っているし、文章も読みやすくまとまっています。
 それだけに、章立てが、たとえば歴史順であるとか、たとえば作成手順の順だとか、そういった具合に順序よく並べられていなくて検索性がよくないのがちょっと残念。つーかね、引用しようと思ってた文章が見つからなくて俺涙目ですよ。
 本文はいいのになぁ。こういうところで減点ついちゃうのが非常に残念。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作映画『Be Kind Rewind(巻き戻して御返却ください)』

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20080105
ネタ元:Fateの舞台裏を捏造するスレ

 うは、これは頭が大変よろしくなくて素晴らしい!!ぜひ見たいぞ。

>『Be Kind Rewind』(邦題未定)は日本でも今春、東北新社配給で公開予定!

 ブラボー!素晴らしい!ぼくもスウェデるぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TYPE-MOON新作 「魔法使いの夜」・「Girls' Work」・「月姫」

http://www.akibablog.net/archives/2008/04/type-moon-080419.html
ネタ元:茗荷屋さんの日記(mixi)

>「Girls' Work」
>シナリオ:星空めてお、茗荷屋甚六

 「Forest」をはじめとする嘘屋ゲームで大活躍の黄金コンビが新しい舞台に進出!?ビックリだ。
 ロゴに描かれてるのが凱旋門とエッフェル塔なら、舞台はパリかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急告知:放射性物質イリジウムの盗難事件について(PDF)

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/news/200416housyabusitu.pdf
ネタ元:東京都防災ホームページ

 東京都防災ホームページの「イリジウム192」盗難事件についての告知がたいへんアレだと聞いて見に行ってみました。
……いや、これって警告として何の役にも立ってなくね?

 どういう形をしているのか?どういう形状に加工しうるものなのか?分割できるのか? 液体なのか?固体なのか?その辺について触れられないと警戒のしようがありませんよ。
 この辺(↓)とか特にひどすぎる。

>(注意)放射線源には決して触れないでください。
>距離を保てば深刻な影響は直ちには発生しません。

 お前警告する気ないだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/18

「かぐや」と「おきな」、表と裏で異なる月の重力場を明らかに

http://www.astroarts.co.jp/news/2008/04/17okina_gravity-anomaly/index-j.shtml

 大変だ!ダハクが見つかっちゃう!?@反逆者の月

 月が地球に対してつねに表側を向けてるのにも関係あるのかな?重い物質が表側に、軽いものが裏側に偏在してるから重心がずれて月は地球に向かって一定の面しか向けない?

関連:重力探査から探る月内部構造

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スウェーデンで世界最古の木発見、樹齢約1万年

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2379642/2843898

>スウェーデンのウーメオ大学(Umeaa University)は17日、同国で
>樹齢1万年近い、現存する世界最古のトウヒを発見したと発表した。

>同大自然地理学の研究チームによると、このトウヒは2004年、同国の
>研究チームがダーラルナ(Dalarna)地域で樹種の個体数調査を
>行っていた際、Fulu山で発見された。この木は、9550年前の遺伝物質を
>持っており、つまり、およそ紀元前7542年に根付いたことになる。

 で、何しろ一万年物と言うことでものすごい大木を想像したんですが……


画像


……それはまあ、一万歳の御老体だもんなぁ。むしろよく今まで持ちこたえてきたと讃えるべきだよね。根っこが丈夫な種類の木なのかな?周りに植物がないから栄養を喰い合わずにすんだっていうのも大きそうだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月経血から心筋細胞 慶応大など「幹細胞源として期待」

http://www.asahi.com/science/update/0417/TKY200804170280.html

……意外、実は正しかったんですかね、ホムンクルス作成法@錬金術?
 ええと、たしか精液と経血とハーブと馬糞とその他いろいろを混ぜてフラスコに入れて孵卵器にかけるとかなんとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

最近のサイバネティクス系ニュースを見ていると

 もうちょっとがんばればニューロがカウントでオーバードライブな世界に移行できるんじゃないかと言う気になってきます。つーか、なるべきじゃね?確か最近、思考でコンピュータを操作する研究もあったよね?
 とりあえずは、没入(ジャックイン)技術とサイバーアイの開発がどれだけ進むかだよなぁ。感覚信号のインプットは課題が多いからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の脳に電極を置きロボット制御 阪大医学部が研究へ

http://www.asahi.com/science/update/0417/OSK200804160110.html

 一瞬タイトルを、『人の脳に電極を置きロボット(のように)制御』と読んでしまって何事かと思いました。じつにディストピアですよビッグブラザー。

>脳波だけから患者が体のどこを動かそうとしたのか、8割以上の精度で推定できた。
>この解析データに基づいてロボットの義手などをコントロールする。

 多くの人が救われる研究。がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網膜に映像を投影する眼鏡型ディスプレイ、ブラザーが開発

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/15/news021.html

 モノ自体は以前からあちこちで開発されていますが、網膜投影型で重量25グラムというのはかなり破格のはず。
 こっちのなんかはそのままミラーシェイドに組み込めそうですよ。
……うーん、よく考えたら、反射しちゃうからミラーシェイドじゃダメかもだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボットスーツ「HAL」量産化へ 高齢者、障害者の歩行補助に期待

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080416/acd0804160911006-n1.htm

>HALは、脳から伝わる電気信号を皮膚表面に付けたセンサーで読みとり、
>モーターで体を動かす補助をする。高齢者や障害がある人の歩行補助、
>重労働者の負担削減などが期待されている

 おお、ついに量産のめどがつきましたか。めでたい。
 それにしても、格好いいよなぁ。自衛隊や警察はパワードスーツを導入したりしないのかなぁ?最前線はともかく工兵とかには役に立ちそうですけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙最大級のブラックホール発見 太陽の180億倍の質量

http://www.asahi.com/science/update/0417/TKY200804170043.html

>太陽の180億倍もの質量をもつ「超巨大ブラックホール」を、日本や
>欧州などのグループが発見した。宇宙で最大級のブラックホールとみられ、
>自分より小さな別のブラックホールを子分のように従えている。

 ううん、スペオペは"絵"だよなぁ。でかい主星ブラックホールの周りを惑星ブラックホールが回ってるってビジュアルがじつに素晴らしい。ハッタリ効かせすぎですよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

何故登るのか。そこに山があるからだ。

http://ayacnews.blog57.fc2.com/blog-entry-2611.html
ネタ元:磨伸映一郎さんの日記(mixi)

>実は彼等はイギリス軍の捕虜だったのだが、
>捕虜収容所から毎日その山を見ているたらどうしても登りたくなり、
>山を眺めてルートを検討し、
>半年がかりで食料をかき集め、物資をちょろまかして登山道具を作成、
>ついに脱走して80キロ近い道のりを踏破し、登頂したのだという。

>なお彼等は下山後堂々と収容所に帰還。
>呆れかえったイギリス軍によって数週間の禁固刑を言い渡されたそうな。

 いや、ちょっと待って欲しい。このイタリア兵たちが実は収容所外の仲間と連絡を取るために脱走し、それをカモフラージュするために登山と言う名目を……ないなぁ。
 普通はありえないはずの出来事だけど、イタリーだと言われれば納得できてしまう不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

マスクドシャンハイ~新(ネオ)武侠ADV または私はいかにして心配するのを止めて中国を愛することになったかADV

公式サイト

 一周目、日和子先生ルートを終了。あのキャラクター付けにはちょっと意表をつかれました。
 いいエンディングでした。他の連中のその後についての描写がないのは……このしんみりしたエンディングじゃ仕方がない。むしろそれらを含めて全部、いろいろあったの一言ですませてしまうのがこの終わりにふさわしい気がする。

 相変わらず、おちゃらけの先にシリアスあり。ちょっとしたセリフにすらネタを仕込んでくる油断ならなさ。会話中のちょっとした単語や言い回しにさえ気を抜けねぇ。表面的なバカセリフ、バカシナリオの陰で一体どれだけの時代考証確認やってるんだろう?正直、どこまでネタを仕込まれているのかおいどんごときではつかみきれんですたい。

 チハ坊可愛い。バンジャーイ!
 フライングチハ坊には絵が欲しかったなー。

 戦闘は、一昔前に流行った対戦落ち物パズルのノリですごく楽しいです。
 木火土金水 ( モッカドゴンスイ :そういえば、カオスシードの発売からももう十年だよ) の順番を考えながら、いかに素早く効率的に玉を貯めコンボを構成するか、相手はどんな特性を持っていてなにをされると嫌がるかを考えないと勝てません。さらにランダムにあらわれるプラスやマイナスの効果がある(?)玉をいかに無駄なく玉回収ルートに組み込むか、もしくはスルーして敵にパスするか、そういった部分の駆け引きもスリリング。
 もうちょっと敵の思考ルーチンが強力だったらなおよかったんだけどなぁ。

 今回のプレイでは噂のレンズマン発言はありませんでした。積読がどうとかいう描写があったからアイリーンなワトソンのところで出てくるのかな?
 アイリーンと言えば、探偵という職業についての感想とか謎のノルウェー人シゲルソンとかそもそもファーストネームもファミリーネームも剛速球気味の直球でどうしよう?彼女のルートではアレがこれしたりするのかしら?するといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーソフト・ファンクラブ会員限定新春プレゼント

http://www.liar.co.jp/fc.html

……が、届きましたー。
 中身は過去作のチラシ「ほとんど」全部。具体的には――


行殺・新選組
ぶるまー2000 ~BLOOMERS MILLENNIUM~
サフィズムの舷窓 ~The case of H.B.Polarstar~
LOVE NEGOTIATOR
腐り姫(通常タイプ、縦ロングタイプ、ブックレットタイプ)
行殺新選組ふれっしゅ
CANNONBALL ねこねこマシン猛レース
Little Little Election
ライアー大戦 じゃんまげどん
Forest
サフィズムの舷窓 ~an epic~
SEVEN BRIDGE
絶対地球防衛機 メガラフター
ぼーん・ふりーくす!
サルバとーれ!
蒼天のセレナリア - what a beautiful world -
妖刀事件
(発売順)

 その厚さ約五ミリ、やたら分厚くて噴きました。さすがは(ほとんど)十年分。
080416a
(比較対象:シュリーマン『古代への情熱』)

 チラシ以外にも、“腐り姫”のソフマップ特典『月刊うそ増刊号』と“CANNONBALL ねこねこマシン猛レース”のFC通販特典キーホルダーが入ってました。

080416b

 どちらもぼくがFC入会する前のものなのでこれが初見。うわーい。
 ちなみに、キーホルダーはチーム・ワクンバのもの。

080416c

 欲を言えば、スポンサーとしてキャンペーンに参加したチーム・ヴォルフのがよかったな。(←贅沢ゆーな)

 ああ、FCに入っていてよかった。ぼく一生嘘屋さんについていくよ!

 他の人のはどんな感じだったのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/15

「攻殻機動隊」ハリウッドで3-D実写映画化スピルバーグの熱意でドリームワークスが実現

http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d000000nr16.html

>スティーヴン・スピルバーグ ドリームワークスは日本の漫画
>「攻殻機動隊」の映画化権を獲得した。
実写による3-D作品にする計画だ。

 飛び出す映画?(with赤青メガネ)

      (_-q'' クイクイッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

<世界最大のバイク>乗用車の10倍 トラクターもぺしゃんこ!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000011-maiall-int.view-000

 ガリクソン!?ガリクソンじゃないかっ!!ひさしぶりだなぁ、元気だったか?
(C)バイク乗りは空を飛ばんのだー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直立猫ちゃん、テルミンを奏でる

http://www.gizmodo.jp/2008/04/_digital.html
ネタ元:竹本泉スレ

 可愛いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

赫炎のインガノックを読了したので、

 ネタバレの不安もなく安心してFC会報掲載の記事や公式サイトのウェブノベルを読んだり、特典のサントラを聞いたりできるようになりました。

「遅い」

 おお、おお、素晴らしきかな。特典サントラは今や盲目の生け贄の前に。遍く者は見るがよい、これこそ、我が愛の終焉である。
 公式サイトの果てに!我が夢、我が愛のかたちあり!
 ああ、サントラいいわー。昨日今日で何度リピートしたことか。どの曲も好きですが、“運命/回転悲劇”が特に気に入ってます。

「喚くな」

<以下色々ネタバレ感想>

続きを読む "赫炎のインガノックを読了したので、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火星の衛星『フォボス』:高精細写真とステレオ画像が初公開

http://wiredvision.jp/news/200804/2008041123.html

 おおー素晴らしいいびつっぷり。ジャガイモみたいだ。近くにミレニアムファルコン飛んでない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Antonio Vivaldi - Concerto en Do majeur pour Flautino

http://jp.youtube.com/watch?v=OCO8apblfk8
ネタ元:イヤ展スレ

 すまない、ずっと君のことをチャンバラの道具としか思っていなかった。ごめんよ、アルトリコーダー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

「異星人に狙われている」男、隕石が5回も家に落ちてくる

http://news.livedoor.com/article/detail/3593758/
ネタ元:はわっ!スレ

>ボスニア人の男性Radivoje Lajic氏の家には、驚くことにこれまで
5回も隕石が落ちてきているとのこと。

>落ちてきた隕石は、ベオグラード大学の専門家達によって全て本物で
>あることが確認されており、Lajic氏は自分が異星人に狙われていると
>信じているそうです。

>ベオグラード大学の専門家達は、現在何が隕石を引きつける原因になって
>いるのか解明するため、Lajic氏の家付近の磁界を調査しています。

 これはひどすぎる。明らかに狙われてるなぁ。
 いや、逆に考えるんだジョジョ!Radivoje Lajic氏は宇宙人にモテモテ(死語)で、実はあれらの落下物は彼に対する愛のメッセージなのだと!
……それはやっぱり狙われていることに変わりないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト、コーション 色|戒

公式サイト

『日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レジスタンス活動を行う組織は、上海に戻っていたワンに再びイーの暗殺計画への協力を求める。ワンはイーに近づき、彼の愛人になることに成功。やがて二人は…。』

 1942年、各国の権益が渦巻く国際都市「東洋の摩天楼」上海を舞台に、特務機関ジェスフィールド76号の幹部であるイーと彼を狙う若き女スパイ・チアチーの物語。
 特務機関のボスとスパイの禁断の愛情物語がメインなので、レジスタンスの抵抗運動だとか特務と抗日ゲリラの虚々実々の謀略戦だとかにはあまりウェイトがかかってません、フレーバー程度。だもんで、そういった話が好きな人がそっちの方向性を期待していくとたいへんしょんぼりして帰ることになります。気をつけろ!誰も信じるな!レーザーガンを手放すな! ZAP!ZAP!ZAP!
 愛の物語なのは仕方ないのですが、時代物お約束の同時代人ゲストや同時代有名事件がさっぱり作品に関わってこないし話にも出やしないのが非常に残念。まあ、それでなくとも長い映画(2時間38分)だからそんなところまで描写してられないのは分かるんですが。でも残念だ、そういうのが楽しいのに。
 それでも、舞台になっている40年代、日本占領下の各国の人間が入り乱れる混沌とした上海の描写がたいへん素晴らしく、猥雑で活気があって危険な街を、輪タクやトロリーバス、高級車、喫茶店、洋館、バラック、家具、電話機、マージャン牌といった画面の端に移るガジェットを効果的に使って見せてくれます。
……ダブルクロス・ウィアードエイジのGMをやる人には情景の演出やシナリオネタの参考資料としてかなり役に立つんじゃないかな?

 わりと予定調和の物語なので、予想外の急展開!驚きの結末!とかアクション!アクション!またアクション!とかを好む人には薦められませんが、ロマンチックな悲恋の物語……なんてのを好む人にはよろしいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・バー=ゾウハー『復讐のダブル・クロス』

『執念の追跡の末、イスラエルの情報機関モサドが抹殺したアラブゲリラの幹部。その男の死がもたらしたのは、熱い復讐の炎だった。敬愛する人物を失った一人のテロリストが、ユダヤ人に致命的な打撃を与えると誓ったのだ。PLO議長の協力を得た彼は、アメリカの一学生を手先に使い、ひそかに計画を実行に移す。だがモサドの長官エレミア・ペレドがこの動きを察知、その総力を挙げてテロリストの行方を追い始めた。苛烈な暗闘の果てに、やがて明かされる恐るべき計画の全貌とは?激動の中東を舞台に、迫真の筆致で描く気鋭会心のサスペンス巨編!』

 ダブルクロス……それは裏切りを意味する言葉(C)ダブルクロス

 『エニグマ奇襲指令』のマイケル・バー=ゾウハーのスパイ・サスペンス小説。ミュンヘン・オリンピックの選手虐殺事件をはじめとする実在の人物・事件を舞台に配し、モサド長官とアラブテロリストの対決を描きます。
 物語の構造自体はシンプルかつスタンダード。敵役の作戦目的自体は早い段階で(具体的ではないけれど)明かされるので、あとはそこに至るまでのモサド長官エレミア・ペレドとテロリストアルフレート・ミューラーの虚々実々の謀略戦を楽しむのみです。矢継ぎ早の展開で読者を飽きさせない良質のエンターテイメントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルネオで肺を持たないカエル発見、皮膚から酸素吸収か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000465-reu-ent

>ボルネオ島(インドネシア名カリマンタン島)奥地の川辺で、肺を持たない
>珍しい原始的なカエルが見つかった。皮膚から酸素を吸収しているとみられる。

>シンガポール国立大のデビッド・ビックフォード氏の研究チームは、専門誌
>「カレント・バイオロジー」の中で、逆方向に進化して原始の特徴を取り戻した
>このカエルを研究すれば、そもそも肺がどのように進化したかを解明するのに
>役立つ可能性があると指摘した。

 ええと、これはいっぺん通常の両生類に進化した後に肺器官が退化消滅したのか?それとも魚類から肺魚フェイズをすっ飛ばして両生類に進化した種属がカエルげな生態に収斂進化したのか?そのへんどうよスパゲッティモンスター先生?
 どっちにしても面白いなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

周回衛星「かぐや(SELENE)」のレーザ高度計による月全球観測データを用いた地形図の公開について-従来データの10倍、約600万点の月の高さを計測-

http://www.jaxa.jp/press/2008/04/20080409_kaguya_j.html

 これはいいものだ!
 でかいプリンターがあれば打ち出してポスターにするところなんだけどなぁ。セブンイレブンのプリントサービスってサイズどこまでいけたかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

今から、

 『ラスト、コーション』見に行ってきます。
 『クローバーフィールド』とハシゴと言う案もあったのですが、そんな危険なことをする間にはもっと優先するものがあるだろう!
……ということで、念願の『赫炎のインガノック』、ついに読了しました。観想を一口に言えるようなモノではありませんが、あえて言うならは……ああよかった。これに尽きます。
 まとまった感想はそのうちに。

 で、映画の上映時間が夜の回で時間に余裕ができちゃったので、『マスクドシャンハイ』も第一話だけプレイ。
……辻正信とかひどすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

世界最大の翼竜 本物は70キロ、展示模型は300キロ

http://www.asahi.com/science/update/0405/NGY200804050015.html

 いいなぁ翼竜オンリー。見に行きたいなぁ。でも名古屋は遠いなぁ。

>ケツァルコアトルスの翼は、極端に長く伸びた手の薬指に皮膜がついて
>形作られている。皮膜はわずか数ミリだったという。さらに骨は中空で、
>蜂の巣のようなハニカム構造を持つ。大空を飛ぶために徹底した減量
>なされていたようだ。

>これまで、後ろ脚の甲部分を下にした状態で飛んでいたと考えられてきたが、
>図面では後ろ脚の甲部分を外に向けて飛んでいたという。「後ろ脚は、
飛行機の垂直尾翼の役割を果たしていたのではないか」

 あのやたら大きいプテラノドンの体重が15~20kg(推定)しかないと聞いて心から驚いたもんです。
 生物の設計すげぇよなぁ。スパゲッティモンスター先生のデザイン能力高すぎだよ。

 公式サイトに翼竜の歩行モデルの動画がありました。(リンク先中ほど)
 可愛い。これ完全にモデリングして動かしてくれないかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カシオEX-F1が超高速撮影ですごい件(ニコニコ動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2909646

 すげぇ!なんというクロックアップ!!
 中盤の動物編や終盤の大道芸人編が素敵。ジャグリングの炎の形がきっちり分かるのに驚愕。

……欲しいかと問われると、別にいらんわけですが。普段写真なんか撮らないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れてた

 『ラスト、コーション』の公開明日までじゃないか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

ヒーロークロスライン“ジエンド FILE:20 武士神2”

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hxl_0001.html

 ちょぉぉ!?ラストページでヒーローそろい踏み!!クロスオーバー企画の本領発揮だぁ!!

……こうしてみるとスタンダードに格好いいなぁこいつら。

 次回の更新と、“彼らの本編”で出会いが語られる日が非常に楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アリアンロッド・リプレイ・ルージュ+1 ノエルと白馬の王子』

『ラインの街の祭りの最中、トランとノエルはダイナストカバルの資金繰りのため、ヤキソバの出店を開いていた。店は繁盛するも、一息ついた二人の前に謎の男・ゴンザレスが現れる。彼はノエルの両親の借金を盾に、結婚を迫ってきたのだ。もちろん彼女が持つ薔薇の武具も込みでの結婚だ。“結婚”“両親への融資”を賭け、両者は出店を使って勝負することになるが……。悲劇の直前の幸せなひと時を描いた短編リプレイが大幅加筆でここに復活。さらに久保田悠羅GMによる死亡上等なランダムダンジョンで死闘を描いた『魔を貫くもの』も掲載! 』

 とんだキングジョージだぜ……。
 ドラゴンマガジン誌に読みきり掲載されたモノに加筆修正した表題作のルージュ外伝『ノエルと白馬の王子』に加え、ゲーマーズフィールド別冊『菊池たけしがまたまいりました』に掲載された読みきり地獄リプレイ「魔を貫くもの」やゲーマーズフィールド誌に連載されていた4コママンガ「ノエルと四つのコマ」、秘密結社ダイナストカバルの構成員として遊ぶための追加データが収録されており、内容はじつに豪華。じつにお買い得な一冊です。

 あと、全般的にノエルのイラストがたいへんエロス臭。73ページなんかもう騎j……(後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

中華まんじゅうの起源

http://www.e-sunfoods.co.jp/index.shtml(リンク先一番下)
ネタ元:イヤ展スレ

 なんて本をソースに持ってきてやがりますか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代燃料のメタンハイドレート、連続産出実験に成功

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080408AT1D070DP08042008.html

>独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は
>次世代エネルギーと期待されるメタンハイドレートを地中から連続して
>産出する実験に世界で初めて成功した。

 おお、ついに!もうちょっとかかると思ってました。
 スタンダードブルーHello, worldの世界がリアルに進出ですよ。

>メタンハイドレートは永久凍土の下や海底下の砂層にシャーベット状で埋蔵する。
>経済産業省は昨年、東海沖から熊野灘の海底に日本の天然ガス年間使用量の
>14年分に相当する1.1兆立方メートルのメタンハイドレート埋蔵量を確認。
>日本近海全体では天然ガス約100年分にあたる推定7.4兆立方メートルと
>世界最大規模の埋蔵量があるとされる。

 これが上手くいけばこれまで不遇だった四国周辺が盛り上がりますね。(参考

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴れん坊大犬(BigDog)(ニコニコ動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2840707
ネタ元:磨伸映一郎さんの日記(mixi)

 この発想はありえねぇ!!(絶賛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリネズミは「凶器」=人に投げ負傷させた男逮捕

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-AFP017223.html

>ニュージーランド北島のファカタニで2月、ハリネズミをつかんで
>約5メートル離れた所にいた未成年者(15)に投げ付け、けがを
>負わせた男が警察に「凶器を使った襲撃」容疑で逮捕された。

 モンティパイソンがリアルを侵食してますよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

土嚢の威力にはワロタ

http://nyaasoku.blog69.fc2.com/blog-entry-107.html
ネタ元:イヤ展スレ

 おまえらどれだけ土嚢が好きなんだよっ!?

……うん、おれも割りと好きだよ。

(↓)これ欲しい!これ欲しい!マジでいい構造だよ!
BeeBeeWorker4型
BeeBeeWorker16型

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャールトン・ヘストン氏死去

http://www.asahi.com/obituaries/update/0406/TKY200804060059.html

 地球最後の男が逝ったのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

金庸『連城訣』

『純朴な青年・狄雲(てきうん)は、師伯の誕生祝いに赴いた際、ある陰謀によって師匠を殺され、その濡れ衣を着せられてしまう。さらには恋人を奪われ、死刑囚牢に繋がれることに。地獄のような牢内で武術の名手・丁典と知り合い、二人で脱獄を図るが……。金庸版『岩窟王』登場!(上巻:菊花散る窓 )』

『チベットの閉ざされた雪山での壮絶な死闘。秘伝書をめぐる骨肉の争い。裏切られ、蔑まれ、絶望的な孤独の中にあっても、善の魂はゆるぎなく輝く……!過酷な運命に翻弄されながらも、真実を糧に生き抜く青年の武侠ロマン。感動の完結篇! (下巻:雪華舞う谷)』

 陰謀に巻き込まれた青年の中華版厳窟王。そういうテーマなので、いつもの金庸的爽快さや無茶苦茶感はかなり薄いです。
 ただし、金庸の武侠小説にしては登場人物がかなり少なく、本筋もほとんど主人公・狄雲の視点で展開されてかなりスマート、文体も読みやすい、とたいへんバランスがよく、しかも他のシリーズと無関係。金庸初心者に勧めるのにちょうどよい一冊です。金庸を読んでみたいけれどどれから読んでいいか分からないという人はこの本からはじめてみるのがよいでしょう。

 嘘吐きで陰険な登場人物が多い中、ただ一人、裏も表もない問答無用の悪人“血刀老祖”がじつに見ていて気持ちのいい活躍を見せてくれます。じつにピカレスク!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

今日の読了本

・田中天『ナイトウィザード2ndリプレイ 愛はさだめ さだめは死』

 表題作「愛はさだめ さだめは死」はタイトルに違わぬ愛の物語。シナリオギミック的にも実プレイの参考にもなる大変よいリプレイです。ナイトウィザード2ndをこれからやろうという人におすすめ。

 ところで……二話目の今回予告……俺、やったことある……。


・木村航『七本腕のジェシカ』
「正義には流行りすたりがあるの」

 ここで切るのかよぅ!?次の巻は夏って、遠いよっ!
 緻密で独創的な世界観のSF吸血鬼もの。グロ分多めなので万人向けとは行きませんが、このグロテスクな世界は触れる価値があります。
 あと大変エローイ。
 2巻目以降は各人の好みに任せるとして、とりあえず1巻だけはみな読むべし。

 人工知能付きのしゃべる杖カドゥケウスがいいキャラクター。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕末古写真ジェネレーター

http://labs.wanokoto.jp/olds
ネタ元:真理省さん

 写真や画像を、古写真風に加工するジェネレーター。いろいろ遊べそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『それいけスマート』リメイク

http://www.apple.com/trailers/wb/getsmart/
ネタ元:怒濤のくるくるシアター。さん

 うわぁ、懐かしい!すげぇ見たいがまず間違いなく日本公開しねぇ!!
 予告編はかなりいい感じだから、ビデオスルーでもいいから、とにかく日本でも見れるといいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NASAの衛星によって撮影された太陽津波のムービー

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080403_solar_tsunami/

 おおっ、なんというサンダイバー!クライシス2050!桁違いのエネルギー!!

 つーか、Gの影忍の宇宙世紀ニンジャが太陽表面でモビルスーツに水ぐもをはかせて戦闘してるシーンを思い出しましたよ。連中ならこの津波でサーフィンだってできるに違いない。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の軍隊 JSDF(ニコニコ動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2410488

 自衛隊の紹介MADですが、映像のチョイスが非常にずるいです。自衛隊がS.H.A.D.O.ばりのハイテク地球防衛組織に見えてきた。
 きっとイージス艦の艦首には戦闘機が搭載されているに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

今日の読了本『昆虫にとってコンビニとは何か?』

・高橋敬一『昆虫にとってコンビニとは何か?』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最小のブラックホール、NASAが特定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000029-yom-sci

>このブラックホールは、南半球のさいだん(祭壇)座の方向で、
>銀河系内にあり、直径は約25キロ。小さい分、表面でも中心部に
>近くて重力が強いため、NASAは「近づけば巻き込まれる。
>将来の宇宙旅行者はご注意を」と警告している。

 うん、ぼく気をつけるよ。
 広報官さんはよいセンスをしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンソフトコレクション 発売日が6月26日に確定

http://item.rakuten.co.jp/edigi-game/jan-4964808301089/
ネタ元:ギャラクシーファイトコミュ(mixi)

 よかったー、ちゃんと出るんだ。続報がいつまでたっても聞こえてこないから企画自体潰れたんじゃないかとハラハラしていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はぼくの誕生日です。

 ハッピーバースデー俺マン(棒読み)
 寿げ、なんかクレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/02

映画『TRON』手作り再現

http://www.dailymotion.com/video/x4rj9p_tron_creation
ネタ元:磨伸映一郎さんの日記(mixi)

 トロンのあのバイクシーンを再現した動画。
 再現度の高さにまず驚いて、すごくチープなツールしか使ってないことにさらに驚愕。

 同じネタ元の『手作りスターウォーズ』。デススター攻略戦を手だけで再現した動画です。こちらの再現度の高さもものすごいです。

 ちょっとした工夫ひとつでここまでできるものなんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンギンが空を飛ぶ日

http://jp.youtube.com/watch?v=mkyYbIhBRmg
ネタ元:モンティ・パイソンコミュ(mixi)

 おお、なんと言う大自然の驚異!!

……まあ、イギリスBBCテレビのエイプリルフールネタなんですけどね。

ロングバージョン
メイキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

エイプリルフール

 エイプリルフールネタで面白かったところの感想など。

・あいれむどうぶつえん
http://www.irem.co.jp/menu/index.html

 エイプリルフールネタに力が入っているのは毎年のことですが、今年のネタは特にすばらしい。架空動物好きにはたまりません。

・カネゴンの78ちゃんねるまとめブログ
http://www.m-78.jp/

 「ヒマだからちょっと地球征服してくるスレ」とかひどすぎる。マグマ星人はすっかりこの方向性でキャラが固定したなぁ。
 「ウルトラマンだけど何か質問ある?」スレがまっとうにウルトラ豆知識についてのスレッドで勉強になります。『残酷!光怪獣プリズマ』の脚本家の朱川審が岸田森の変名だとは知りませんでした。

・闘魂ムーン
http://www.typemoon.com/TOUKON/index_02.html

 SSK(そこまでにしておけよ菌糸類)

・スネ夫チャンネル
http://dora-world.com/top.html

 まさかドラえもん公式までこんなノリに手を出すとは思わなかった。

・Google ダジャレサーチ β
http://www.google.co.jp/intl/ja/help/search/dajare/

 ブルータス、おまえまで……。


 ところで、こんな日だしネタでもいいから『エンゼルギア』の発売発表くらいしてくれないかしらと儚い望みを抱きながらRUNE/CAGEのサイトに行ってみましたが、やっぱり音沙汰なかったよ。分かっていたけどな!
 まあ、ハルルコの嘘がすごかったからよしとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »