« 骸骨と香辛料 | トップページ | 「ソ連って何?」「ナチスって何?」“若者の活字離れ&知的レベル低下”で映画字幕業界が四苦八苦 »

2008/05/11

カビだらけになりコウモリ衰弱死、米北東部で奇病広がる

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080510-OYT1T00276.htm

>米北東部で、冬眠中のコウモリがカビだらけになって衰弱死する
>奇病が広がっている。

>この奇病は昨年2月、ニューヨーク州で見つかり、鼻先がカビで
>真っ白になることから「白い鼻症候群」と名付けられた。今年、
>病気が発生した洞窟では、絶滅の危険があるインディアナコウモリを
>含め、何種類ものコウモリが軒並み犠牲になり、死亡率は80%以上と
>ほぼ全滅状態。死んだコウモリはやつれて体脂肪がなくなり、カビも
>1種類でないことなどから、同調査所は「カビは原因というより、
>衰弱の結果ではないか」とみている。

 おわわー、おっかねぇですよ!?
 恐怖の食人宇宙カビの類じゃなさそうなのが不幸中の幸い。

|

« 骸骨と香辛料 | トップページ | 「ソ連って何?」「ナチスって何?」“若者の活字離れ&知的レベル低下”で映画字幕業界が四苦八苦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/41176131

この記事へのトラックバック一覧です: カビだらけになりコウモリ衰弱死、米北東部で奇病広がる :

« 骸骨と香辛料 | トップページ | 「ソ連って何?」「ナチスって何?」“若者の活字離れ&知的レベル低下”で映画字幕業界が四苦八苦 »