« アマゾン川の水源に新説 | トップページ | 今日の読了本『メグとセロンI 三三〇五年の夏休み <下>』 »

2008/05/13

電波望遠鏡が明かす、超巨大ブラックホールのなぞ

http://www.astroarts.co.jp/news/2008/05/12black_hole_jet/index-j.shtml

>ブラックホールに引き寄せられた物質は、「降着円盤」と呼ばれる
>平たい回転円盤を形成する。物質は円盤の中を回転しながら徐々に
>内側へ移動するのだが、円盤を通る磁場がこれに引きずられる。
>そして、元々降着円盤に対して垂直に通っていた磁力線は、最終的に
>中心のブラックホールから突き出るような方向にきつくねじられた束を
>形成する。このような磁力線の束にひとたび物質が入りこめば、
>中に閉じこめられたまま外側に向かって加速されるというわけだ。

 その長さ数百万光年に達するレーザービーム。想像図を見ただけでワクワクしてきますよ。

|

« アマゾン川の水源に新説 | トップページ | 今日の読了本『メグとセロンI 三三〇五年の夏休み <下>』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/41200402

この記事へのトラックバック一覧です: 電波望遠鏡が明かす、超巨大ブラックホールのなぞ:

« アマゾン川の水源に新説 | トップページ | 今日の読了本『メグとセロンI 三三〇五年の夏休み <下>』 »