« 地球上最大の単細胞生物 | トップページ | 伊藤章治『ジャガイモの世界史 歴史を動かした貧者のパン』 »

2008/06/15

ロシア海軍最古参・救助船「コムーナ」が見つめた93年

http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/32427456.html
ネタ元:みづせゆうさんの日記(mixi)

 へぇ!?へぇ!!
 外見からではとてもロシア帝国に在籍していたこともあるベテランには見えないや。しかも今でも現役稼動中ですとな!
 見るからに移動工場って感じで格好いいなぁ。双胴の間に潜水艦を挟み込んで、上部のクレーンで吊り上げるんだとかなんとか。うは、素敵ギミックが男の子心をくすぐりまくりですだよ。
 なんというか、ノリ的に「速水螺旋人の馬車馬大作戦」に登場しててもおかしくないですよこいつ。ウエストウエスト海軍の前ド級戦艦クローンプリンツ・カフカと組んで、イギリス海軍の計算艦リスペクタブルと激突だ!とか、そんな感じで夢の競演を見てみたい!

|

« 地球上最大の単細胞生物 | トップページ | 伊藤章治『ジャガイモの世界史 歴史を動かした貧者のパン』 »

コメント

 これ、記事を書いた後で、ベッドに入ってから気が付いたのだけれど……ウエストウエストが共産化したのは二次大戦後だから、コム―ナとクローンプリンツ・カフカのタッグ無理じゃん。
 よろしい、ならば計算艦リスペクタブル対クローンプリンツ・カフカ対コムーナの三つ巴だ!
【コムーナ以外の二隻は戦艦じゃん】

投稿: Johnny-T | 2008/06/21 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア海軍最古参・救助船「コムーナ」が見つめた93年:

« 地球上最大の単細胞生物 | トップページ | 伊藤章治『ジャガイモの世界史 歴史を動かした貧者のパン』 »